ヘッド画像

サイド画像
写真・名鏡勝朗

曲目解説


阿漕(あこぎ)

 九州日向国(宮崎県)の僧一行が登場し、伊勢神宮に参詣したことがないので、行ってみよう思い立ち、その途中、阿漕が浦に立ち寄ったところであると名乗る。すると一人の漁師の老人が現れ、殺生の家に生まれ、明け暮れ殺生を繰り返す日々であることを嘆く。僧が、老人に浦の名を尋ねると、阿漕が浦であると答えるので、さては「伊勢の海 阿漕が浦に引く網も 度重なれば顕われにけり」と詠まれた阿漕が浦であるかと尋ねると、老人は伊勢神宮に供える魚をとるこの浦は漁を固く禁じられていたが、阿漕という漁師が夜な夜な隠れて漁をしていた、最初は誰も気づかなかったが、度重なればやがて人の知るところとなり、阿漕は捕えられ、この浦に沈められた、とこの浦のいわれを物語ると、死後もその責めを受け苦しんでいる、弔ってほしいと自らが阿漕であることをほのめかして姿を消す。間狂言のこの浦に住む男が登場し、僧に請われて阿漕が浦のいわれについて語る。僧は、老人は阿漕の霊であったと確信し弔っていると、阿漕の幽霊が現れ、網を引くさまを見せたあと、地獄の責めの苦しみを見せ、僧に助けを求めまた波へ沈んで消える。
 今でも「アコギな商売」などと使われる「アコギ」はこの曲に出てくる阿漕に由来する。

芦刈

 津の国、日下の里の左衛門という男は、貧困のあまり、またいつの日か一緒になろうと約束して妻と別れる。妻は都に上り、貴人の家に仕え乳母となり、生活も安定したので、夫を訪ねて故郷へ帰る。そこへ芦売りの男が現れ、御津の濱の謂われを語り、笠尽くしの舞を見せる。妻はそれが夫であると気づき、その芦を一本欲しいから持ってくるように言う。夫は近づいたとき妻であると気づき、恥ずかしくなってその場に芦を捨てて逃げだし、姿を隠してしまった。妻は夫の隠れた小屋を訪ね、迎えにきたことを伝えると、夫は喜び、烏帽子直垂を身につけ舞を舞う。

海人(あま)

 藤原房前は、母が亡くなったのは讃岐国志度の浦であると聞き、追善のために志度の浦に向かう。すると一人の海人が現れ、今の大臣淡海公の妹は唐の高宗皇帝の后となったので、その氏寺である興福寺へ三つの宝が送られたが、面向不背の玉はこの沖で竜宮へ取られてしまった。そこで大臣は身をやつしてこの浦へ下り、一人の海人と契って生まれたのが房前の大臣であると語る。房前が、自分こそその房前の大臣であると名乗るとその海人は、もしその玉を竜宮から取り返してきたときには息子を大臣にするよう淡海公に約束させ、自ら海に飛び込んで玉を奪い返してそのまま息絶えた様を見せ、自分はその海人の幽霊であると明かして消え失せる。房前の大臣がねんごろに弔っていると、海人が龍女の姿で現れ、法華経の功徳により成仏したことを喜び舞を舞う

嵐山

 時の帝は、吉野の桜は有名であるが、余りに遠いので、その種をとって嵐山に植えさせられた。その花を見てくるようにという宣旨を受け、勅使が嵐山に行くと、老夫婦が木陰を清めている。勅使が尋ねると、我々は木守勝手の神で、この嵐山の桜はもともと吉野の桜であるから、それを惜しんで今でも人知れずこの山に影向するのだと語り、夜までここで待つように言って南の方角へ消えていった。すると木守勝手の神が現れて舞を舞い、蔵王権現も来現して、花に戯れ梢にかけり、栄える春を讃える。
 作者は金春禅鳳。禅鳳が大和から京へ進出した粟田口勧進猿楽で初演されており、先に京へ進出していた観世を嵐山の桜に見立て、その盛りの嵐山に本家たる蔵王権現、金春が来現する、という寓意が含まれているのではないかと言われている。

井筒

 かつて在原業平(ありわらのなりひら)が紀有常の娘と住んでいた在原寺、二人の跡を弔う僧の前に、紀有常の娘の霊が現れます。業平の形見を身に付けて昔を懐かしむ亡霊、やがて心が高ぶり、その昔、業平と背比べした井筒をのぞきこみ、そこに業平の面影を見ます。夜が明けると夢も覚め、亡霊の姿も消えてしまいました。

岩船

 摂津国住吉の浦に、新しく浜の市を立てるよう勅命が下り、勅使が下向する。するとそこに1人の童子が現れ、平和に治まる御代を称え、宝珠を献上する。やがて童子は、様々な宝を載せた天の岩船が近付いたことを告げ、自分はその昔天の岩船を漕ぎ寄せた天の探女(あまのさくめ)であると明かし姿を消す。やがて岩船を守護する竜神が現れ、岩船を漕ぎ寄せ、めでたく治まる治世を讃える。
 天の岩船は、かつて高天原から神々が乗ってきたと言われる船。神と君(帝)により御代が平和に治まっていることを称え、これからもますます繁栄するようにとの祈りが込められためでたい能。

鵜飼

 安房の国清澄寺の僧が、甲斐の国行脚を志し、石和川に着く。日が暮れたので宿を借りようと思うと、この所の決まりで宿を貸すことはできないが、川のほとりの御堂なら貸してもいい、しかし、夜な夜な光るものが出るらしいから気をつけるようにとおどされる。僧は法力があるから問題ないと言って御堂で休んでいると、篝火(かがりび)を持った老人が現れ、僧が何者かと尋ねると、自分は鵜使いであり、月の出ている間はこの御堂で休み、月が入れば鵜を使うのであるという。僧は、年老いたことであるし、殺生の業はもうやめるよう勧めるが、若い頃から鵜使いとして生きてきて、今さらやめることはできないと断る。この様子を見て、僧の一人が、二〜三年前にこの川下の岩落(いわおち)というところで同じような鵜使いに会ったことを思い出し鵜使いに話すと、その鵜使いはすでに死んだと言って、その子細を物語る。この石和川は、上下三里の間は殺生禁断とされていたが、その鵜使いは隠れて鵜を使い、見つかって殺されたのであった。鵜使いは、自分こそその鵜使いの亡霊であると明かし、弔ってほしいと頼む。僧は承知し、かわりに鵜使いは鵜を使う様を見せるが、やがて月が出て、これでは鵜飼ができないと悲しみ、そのまま姿を消す。僧が川瀬の石を拾い、一石に一字経文を書いて弔っていると、地獄の悪鬼が現れ、鵜使いは本来地獄に落ちるべきところを、僧に宿を貸した一僧一宿の功力(くりき)と法華経の力により成仏したことを告げ、法華経の利益を賛える。
 摂津・榎並座の左衛門五郎の作を世阿弥が改作したもので、前半の「鵜の段」と呼ばれる鵜飼の様子を見せる場面など、「物まね芸」をその原点とする能の古態の面影を見ることができる。原作はこの「鵜の段」を見せ場とした曲であったと考えられ、地獄の悪鬼が登場する後半は世阿弥によるものと考えられている。また、能では前後のシテが別人格であることは珍しく、しかも前シテが罪業深き鵜使いであり、後シテがそれを裁く地獄の悪鬼であるというのは特異である。

雨月

 西行法師が、住吉明神に参詣する途中、粗末な庵で一晩宿を借りようとするが断られてしまう。そこに住む老夫婦は、秋の月を楽しむために屋根を葺かないでおくか、あるいは時雨の音を楽しむために屋根を葺いた方がいいかと風雅な争いを見せる。老人は「賤が軒端を葺きぞわづらふ」と詠み、これにうまく上の句を付けたら宿を貸そうと言い、西行は「月は漏れ雨はたまれととにかくに」と見事に詠む。老人は実は住吉明神であり、やがて住吉明神が神官に乗り移って現れ、和歌の徳を讃える。
 半分だけ屋根が葺かれ、半分は破れたままの屋根が付いたあばら屋の作り物(舞台セット)が出され、老夫婦の庵を表す。

右近

 鹿島神宮の神職、筑波の何某が登場し、都に上り、桜の名所を巡っていたところ、北野の右近の馬場の桜は今が盛りと聞いたので尋ねるところであると名乗る。筑波の何某が花を眺めていると、向かいに女車が止まった。筑波の何某は、かつて在原業平が、この右近の馬場のひをりの日(騎射・馬から弓を射る行事の日)に、向かいに立てられた女車に、簾(すだれ)の下から女の顔が見え、「見ずもあらず 見もせぬ人の 恋しきは あやなく今日は 眺め暮らさん」(見ないでもなく、見たわけでもない、簾の下からわずかに見えただけの人が恋しくて、無意味にぼんやりと今日一日を過ごすことだ)と詠んだのを思い出し、女と言葉を交わし共に花を眺める。女は桜葉の神、紅梅殿、老松、一夜松など北野天満宮の社を教えると、我も神であると言って桜の蔭に姿を消す。かわって間狂言の末社の神が現れ、桜葉の神のこと、業平の歌のことなどを語り、短い舞を舞って退場する。すると先ほどの女性が桜葉の神として現われ、舞を舞い、治まる都の春をほめたたえ、天高く上がっていった。
 桜咲き乱れる花の名所、北野天満宮に桜の神が現れるという、めでたく、華やかな曲。伊勢物語九九段にある業平のエピソードをもとに話が展開していく。世阿弥原作、観世小次郎信光改作。左右に侍女を引き連れ花見車に乗って登場するところや、紅葉狩同様、緋大口に唐織を壷折に着るところなどは派手で見栄えのする能を作った信光の手によるものであろう。

歌占(うたうら)

 歌占というのはその名の通り、歌を使った占いで、弓に歌が書かれた短冊が付いていて、その中から一枚選び、それをもとに占うというもの。
 歌占がよく当たるという白髪の男がいた。その男は、諸国を廻っている途中命を落としたが、三日後に蘇り、その時以来白髪になったのであった。その男のもとに、父を捜していると言う子どもが占ってほしいとやってくる。さっそく占ってみると、既に会っているという結果が出る。実は占っている男こそ、その子どもの父親であった。親子は再会を喜び、男は所望により地獄の曲舞を舞い、息子と共に帰って行った。

善知鳥(うとう)

 諸国一見の僧が、陸奥外の濱へ向かう途中、修行をしようと立山を訪れたところ、一人の老人に声をかけられる。老人は、自分は外の濱で猟師をしていた者で、昨年秋に世を去ったのだが、外の濱へ行くのならば、妻子のもとを訪れ、蓑笠を手向けてくれるように、僧に頼む。そして証拠にと自分の来ている衣の袖を僧に渡した。僧が妻子の家を訪ね、形見の衣と合わせてみると、見事に合ったので、言伝の通り、蓑笠を手向けて弔った。すると猟師の亡霊が現れ、娑婆にて善知鳥を殺した報いで地獄で化鳥となった善知鳥に苦しめられる様を見せ、僧に弔い助けてくれるよう頼んで消え失せる。
 善知鳥は、ウトウヤスカタと言って、親をウトウ、子をヤスカタと言う。なぜそう言うのかというと、親は卵を砂の中に埋め、やがて孵る。親は餌を取ってきて、「うとううとう」と呼び、すると子は「やすかたやすかた」と鳴いて出てくるのである。猟師は「うとううとう」と鳴く真似をして子を誘い出して捕まえる。子を失った親は血のように赤い涙を流し、それが雨のように降るので、猟師はそれを浴びないように蓑笠を着るのである。前シテが蓑笠を手向けるよう頼むのはこの為である。立山は、富士山、白山と並ぶ修験の霊地で、ここで亡者と会い、故郷への伝言を頼まれる話は多い。

箙(えびら)

 西国方の僧が都へ上る途中、摂津国生田川で梅の花がきれいに咲いているのを見て、通りかかった一人の若い男にこの梅は名木かと尋ねる。男は、箙の梅と答え、昔この場所で源平の戦があったときに、梶原源太景季がこの梅を一枝折って箙に挿し、功名を立てたことを語り、自分はその景季の幽霊であると言い残して消える。僧がその梅の下で眠っていると、箙に梅の枝を挿した景季がありし日の若武者の姿で現れ、修羅道の苦しみを見せ、また生田での戦の様を見せ消え失せる。

絵馬

 大炊帝の左大臣公能が宝物供御の勅使として伊勢神宮に参詣すると、ちょうど絵馬を掛ける行事があるというのでしばらく逗留することにした。するとそこに老夫婦が現れ、老人は日照りを表す白い絵馬、姥は雨を表す黒い絵馬を持ち、互いにどちらを掛けるか争っていたが、今年は両方の絵馬を掛けて万民楽しむ世となさんと言って両方の絵馬をかけ、私たちは伊勢の二柱の神であると明かし姿を消す。やがて天照大神が天鈿女命と手力雄命と共に現れ、天照大神は舞を舞ったあと宮の中に閉じこもってしまうが天鈿女命と手力雄命が神楽を舞うと再び姿を現し、天の岩戸の故事を再現する。
 宝生流では後シテ天照大神は男神だが、観世・金剛では女神。舞、後ツレなども流儀によって違いがある。扉のついた宮の作り物が特徴的。12月に演じられる。

老松

 常に北野の天神を信仰していた梅津の某が、筑紫安楽寺へ参詣せよとの霊夢を見て安楽寺に向かうと、老人と若者の二人の花守が現れ、飛梅と老松(追い松)を教え、また松の梅の勝れたる謂れを説き消え失せる。やがて老松の神が現れ、真ノ序ノ舞を見せ、この君の代を千代に八千代に守れとの神託を告げる。

 神事的な意味合いが濃く、その歴史は古い。露払いの千歳(せんざい)の舞、翁の舞、三番叟(狂言方)による揉(もみ)ノ段、鈴ノ段から成り、特にあらすじのようなものはない。囃子方、地謡、後見は素襖裃を着、侍烏帽子をつける。小鼓が三人出て、地謡が囃子方の後ろに座るなど、他の曲とは異なる点が多い。シテは面箱役が恭しくもって出る面箱から翁の面を出して舞台上でかけ、これによって神体となり、五穀豊穣を願い舞を舞う。一日の番組の最初は大夫がこの翁を演ずるのが基本であったが、今は正月の一年の最初の会や、こけら落としなど特別な催しで演じられ、宗家の許しを得て大夫以外が演じることもある。

大蛇

 神代の八岐大蛇(やまたのおろち)の話を能にしたもの。素戔嗚尊(スサノオノミコト)が出雲国に着くと、手摩乳(テナヅチ)・脚摩乳(アシナヅチ)の夫婦が、娘の櫛稲田姫(クシナダヒメ)を大蛇への生け贄に差し出さなくてはいけないと嘆いているので、尊は8艘の酒船を浮かべ、そこに姫の姿を映し、大蛇がその酒を飲んで酔ったところを十束剣(とつかのけん)で斬り伏せ、またその尾にあった剣を天叢雲剣(あめのむらくものけん)と名付ける。この天叢雲剣は後に日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が賜って東夷を平らげ草薙剣と呼ばれ、熱田神宮の御神体、また皇室の三種の神器の一つとされる。「草薙」という能もある。

杜若

 旅の僧が登場し、都の名所は大方見尽くしたので、これから東国へ下ろうと思っているところであると述べる。美濃、尾張と下り三河の国に着くと、沢辺に杜若が美しく咲いているので眺めていると、一人の女が現れる。女は、ここは八橋(やつはし)と言って杜若の名所であり、伊勢物語で在原業平が、杜若(か・き・つ・ば・た)の五文字をそれぞれの句の上に置いて「唐衣 着つつなれにし 妻しあれば 遥々来ぬる 旅をしぞ思ふ」と詠んだ場所であると教える。さらに自らの庵へと僧を招くと、装束を改めて現れ、この衣こそ歌に詠まれた唐衣、高子の后(二条の后)の御衣であり、この冠は、業平が豊明節会(とよのあかりのせちえ)で五節の舞を舞ったときにつけた冠であると言って見せる。また、自分は実は杜若の精であり、業平は歌舞の菩薩が仮の姿でこの世に現れたものであり、その業平の歌に詠まれたことによって自分のような草木までも成仏することができたのであると語る。それから伊勢物語に描かれた業平の東下りを謡った謡に合わせて舞い、「序之舞」というしっとりとした舞を舞う。やがて夜も白々と明け始めると、杜若の精の姿も消えてしまった。

花月

 筑紫彦山の僧は、一人の息子がいたが、七歳のときに行方不明になってしまい、それをきっかけに出家したのであった。その僧が、仏道修行のため諸国を巡っている途中、清水寺に参詣すると、花月という少年が曲舞を面白く舞うというので、門前の者に頼んで呼び出してもらう。花月は小歌を歌い、また清水寺の縁起を曲舞にして舞って見せる。僧はこれを見て楽しんでいたが、やがて花月が自分の息子であることに気付く。花月は鞨鼓を打って舞い、七歳で天狗にさらわれ、諸国を巡った様子を謡い舞い、その末に再び父と巡り会えたことを喜び、共に仏道修行へと旅立って行った。
 芸能者・花月が小歌、曲舞、鞨鼓などの芸を見せる芸尽くし物。父子再会という形式を借りてはいるものの、お互いを恋い慕う思いや再会の喜びなど、内面的部分はほとんど描かれず、少年・花月が種々の芸を見せることに主眼がおかれている。子供が天狗にさらわれるという類の話は当時数多くあった。世阿弥の伝書「三道」に放下の例として自然居士と並んで挙げられており、世阿弥の時代から演じられていたことがわかる。

柏崎

 柏崎殿は訴訟で鎌倉に行っている間に病死。一子花若はそれを悲しんで出家、行方知れずになってしまう家臣の小太郎は形見と花若の文を持って柏崎殿の妻を訪ねて渡す。善光寺の住僧はこの頃入門した弟子(花若)と共に毎日如来堂へ参詣していた。そこに女物狂となった柏崎殿の妻が現れる。妻は夫の形見を供えて後生を弔おうとし、またそれを身につけ、舞を舞う。花若は母と気づき、互いに名乗りあい、再会を喜ぶ。
 榎並左衛門作。世阿弥改作。世阿弥の自筆本には「鳴るは滝の水」のあと「マイアルベシ」と注記があり、本来舞があった。現在、宝生流では小書で「舞入」とつくと中の舞が入る。

春日龍神

 栂尾の明恵上人が、大陸に渡って唐や天竺の仏跡を拝もうと思い立ち春日明神に参詣すると、一人の神職の老人が現れ、大陸に渡ることは神慮に背くことで、仏も世を去った今、この春日の山こそ日本の霊鷲山(りょうじゅせん)であり、今やわざわざ大陸を渡って拝むほどのものはないと言って、日本に留まるよう説く。上人は、これもご神託に違いないと思い留まり、老人に名を尋ねると、春日明神に仕える時風秀行(ときふうひでゆき)であると名乗って姿を消す。やがて龍神が現れ、霊鷲山での釈迦の説法の場面などを再現し、猿沢の池に姿を消す。

葛城

 出羽国羽黒山の山伏が葛城山に入ると、雪が降り出して前後を見失ってしまった。そこに一人の女性が現れ、見苦しいところだが泊まっていくように言って庵に招き入れ、寒いからとこのしもとで火を焚きましょうと言う。山伏がしもとについて尋ねると、このしもとを葛で結うという縁から「しもと結う 葛城山に降る雪の 間なく時なく思ほゆるかな」と歌に詠まれていることを語る。山伏が、篠懸も乾いたので後夜の勤めを始めようと言うと、女は、自分は葛城の神で、岩橋をかけなかった罪で役行者によって蔦かづらで身を縛られていると明かし、祈り助けて欲しいと頼み姿を消す。山伏が葛城の神を慰めようと祈っていると、葛城の神が姿を現し、大和舞を舞う
 葛城の神、一言主神は、役行者に、葛城から吉野へ岩橋をかけるよう言われたが、顔が醜かったため、夜にしか働かなかった。その為に役行者に蔦かづらで縛り上げてしまったという。また、この曲の背景には、高天の原や天の岩戸が葛城山にあり、神たちが岩戸の前で舞った舞が大和舞であるという中世の理解がある。

鉄輪

 貴船神社の社人(間狂言)が登場し、不思議な夢を見たと言ってその内容を語る。その夢というのは、丑の刻詣(うしのときまいり)をする女がいるので、その女に、願いを叶えるから、鉄輪の三つの足に松明(たいまつ)を灯し頭にのせ、赤い衣を着、顔には朱を塗り、怒れる心を持つように伝えよというものであった。社人は神の告げと思い待っていると、一人の女(シテ)が現れる。社人が神の告げを伝えると、今までは美女のように見えた女の気色が変わり、髪は逆立ち、風雨激しく雷が鳴る中、鬼となって思い知らせんと言い残して姿を消す。
 一人の男(ワキヅレ)が登場し、最近夢見が悪いので、陰陽師に占ってもらおうと安倍晴明(ワキ)の元を訪ねる。晴明は、女の恨みによるものであろうと言うと、男は、離婚して新しい妻を迎えたことを明かす。晴明は、前妻の呪いを転じ変えようと祈祷の準備をさせる。夫婦の名前を内にこめた人形を作り、供物を整えて諸神に祈っていると、やがて女が鬼女となって現れる。鬼女はその人形を男と新妻と思って恨みを述べ、新妻の髪を手に巻き付けて打ちつけ、男の命を取ろうとするが、その枕元に三十番神が現れ、やがて鬼女の力も弱り、呪いの言葉を残して姿を消す。
 映画などで有名な安倍晴明が登場する能で唯一の曲。恋敵憎さに藁人形に五寸釘を打ち付けて呪いをかける、という類の話は現代の私たちにもおなじみである。鉄輪は五徳のことで、鍋等を火にかけるときに置く金属製の道具。現代、身近なところではガスコンロ等で見ることができるが、本来はもう少し背が高く、これもまた丑の刻詣に用いられる道具の一つとして知られていた。晴明が祈祷する台の四方には五色の幣が立てられ、中央には男と新妻を表す烏帽子と鬘(かつら)が据えられ、形代(かたしろ)の役割を果たす。
 能に登場する霊の類は、最後は成仏して帰っていくものが多いが、この鉄輪の女は「時節を待つべしや。まづこの度は帰るべしと。言う声ばかりはさだかに聞こへ」と、今回は諦めるがまたいつか来るぞと呪いの言葉を残して消えていく。面は生成(なまなり)といって、鬼女になる一歩手前の、角が半分生えたこの曲専用の面を用いる。

兼平

 信州・木曽の僧が、源義仲の跡を弔おうと、義仲最期の地・粟津が原へ赴く。その途中、琵琶湖畔の矢橋の浦に着くと一人の老人が柴船に乗って現れたので、僧は船に乗せてほしいと頼み、名所などを案内してもらいながら粟津に着くと、老人の姿は消えていた。老人は実は今井四郎兼平の霊で、やがて武将の姿で現れ、義仲の最期の様子、また自らが自害したときの様子を見せる。
 今井四郎兼平は義仲の四天王の一人で一番の忠臣。義仲の乳母の子で、粟津の戦いでは義仲が自害する時間を稼ごうと奮戦し、義仲が討たれると太刀を口にくわえて馬から逆さまに飛び降りるという壮絶な最期を遂げた。

加茂

 播磨国室明神と都の賀茂明神とは御一体であるからと、室明神の神職が賀茂社に詣でる。すると御手洗川で二人の女が水を汲んでいる。神職は川辺に新しく祭壇をこしらえ、白羽の矢を立ててあるのをみて、女にそのいわれを尋ねる。女は、昔、秦氏女がこの川辺で神に手向ける水を汲もうとしていると、川上より白羽の矢が一本流れ来たり、持ち帰って庵の軒に挿しておくと、懐胎し、男子が産まれた。この子供が三歳になったとき、父は誰かと尋ねると、白羽の矢を指さし、そのまま天に昇り神となった。これが別雷神であり、母と矢と共に賀茂三所の神となったことを語り、自分がその神であると告げて消え失せる。すると御祖神が現れ舞を舞い、続けて別雷神が現れ、五穀豊穣を予祝し、御祖神は糺の森へ、別雷神は虚空へ飛び去った。

通小町

 山城国八瀬の山里で、一人の僧が夏安居(げあんご・夏の間籠って修行すること)の修行をしていると、毎日木の実や小枝を持ってくる女性がいる。名を尋ねると、小野小町であるとほのめかし、跡を弔ってほしいと言って姿を消す。僧が小野小町の跡を弔っていると、小野小町の霊が喜んで現れるが、ともに深草少将の霊が現れ、これを妨げようとする。深草少将は、心を寄せる小町に百夜通えといわれ、あと一夜というところで力尽きて果てるまでの様子を見せるが、最後は共に成仏する。

祇王

 仏御前は、浄海(平清盛)への出仕を望んでいたが、祇王御前を寵愛していた浄海は取り合わなかった。しかし、祇王が仏と会うように訴えて四、五日出仕してこなかった為、浄海は仏御前との対面を許すことを決め、二人を呼び出して舞を舞うように命じる。二人は装束を改めて舞を舞うと、浄海の心は仏御前へと移り、今度は仏御前に一人で舞うように命じる。
 実際に清盛は舞台に登場せず、清盛に仕える瀬尾太郎がその言葉を代弁する。

清経

 平清経は、九州筑紫の戦に敗れたあと、平家の行く末を悟り、雑兵の手にかかるよりはと豊前の国柳が浦に身を投げ死んでしまった。
家臣の淡津三郎が形見の髪を持って、京に残っていた清経の妻のもとを訪ねると、討ち死にならともかく、自分を捨てて自ら命を絶ったことを妻は恨めしく思い、「見るたびに 心づくしの髪なれば うさにぞ返す もとの社にと」と詠んで手向け返して泣き伏していると、清経がありし日の姿で現れる。
 妻は、夢であっても再び会えたことを喜ぶが、自分を捨てて身を投げた恨みをのべ、清経もまた形見にと思って送った黒髪をどうして返すのかと反論する。清経は、「世の中の 宇佐には神もなき物を 何祈るらん 心づくしに」と宇佐八幡で神託があり、さては神仏にも見放されたかと平家一門と我が身の行く末を悟り、いずれ露と消える運命ならばと西に傾く月に向かって念仏を唱えて身を投げた、と自殺の経緯を物語る。また、死後落ちた修羅道での苦しみを見せるが、最後は念仏の功徳によって成仏することができたのだった。

草薙

 比叡山の恵心僧都が尾張国、熱田神宮にこもって最勝王経を唱えて仏事を行っていると、そこに草花を持って来る夫婦がいる。今日また来たら名前を尋ねてみようと思って待っていると、男女の花売りが現れる。男は草花にちなんだ歌を歌い舞い、花を売る。僧都が男に名を尋ねると、男は逆に僧都に名を尋ね、僧都が名乗り、七日間こもって最勝王経を唱えていると言うと、女はそれこそ我らが望む御経であると喜び、我らは草薙の神剣を守る夫婦の神であり、また五穀豊かに実り、人が長寿を得られるのもこの経のお陰であると言い、仏事の最後の日である七日目の夜に本当の姿を見せましょうと言うと、突然黒雲立ちこめ、風すさまじく雨落ちる中、かき消すように姿を消す。
 さて七日目の夜になると御殿は鳴動し、日が上ったかのように明るくなり、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)と橘姫の神霊が現れる。尊は、東夷を退治しようと東に向かう途中、出雲国で素盞鳴尊(ソサノヲノミコト)に斬られた大蛇が、天叢雲(あまのむらくも)の剣を奪い返そうと大山となって道を塞いだが、ものともせずかけ破ったので今の二村山となったこと、そのまま駿河国まで攻め下ると、10万余騎の敵は降参したふりをして油断させ、ちょうど10月10日頃で冬野の景色の面白さに日本武尊が狩に出かけたところをとり囲み、枯野の草に火をかけ討とうとしたが、尊が剣を抜いてあたりの草を切りはらうと剣の精霊が現れ、炎も草も吹き返されて、その炎によって敵はすべて焼け死に、これによって剣は草薙の剣と名づけられたことなどを語り、その後国土が平穏に治まっているのもこの御剣と最勝王経の徳によるものであると讃えて消え失せる。
 宝生流のみ上演する珍しい曲。草薙の剣は三種の神器の一つで熱田神宮に祀られる。ソサノヲノミコトが八岐大蛇(やまたのおろち)を退治したとき尾から出てきたのが天叢雲の剣、その剣で東夷を平らげたのがヤマトタケルで、当時ヤマトタケルはソサノヲノミコトの再来と考えられており、本曲の後シテもヤマトタケルであり、ソサノヲノミコトの神霊でもあることになっている。東夷は東方の野蛮人の意で、朝廷に従わない地方国家のこと。征夷大将軍の「夷」も同じで、東北の夷を平定するため坂上田村麻呂が任じられた。

国栖(くず)

 清見原天皇(きよみばらのてんのう・天武天皇のこと)は、甥の大友皇子の反乱にあい、追手から逃れるため吉野山へ入る。
川に舟を出していた老夫婦は、自分たちの家のあたりに紫雲たなびいているのを見て、天皇のいらっしゃるところに紫雲は立つと聞くがどういうことかと不審に思いながら我が家に帰ると、そこにいたのはまさしく清見原天皇であった。
 天皇はここ二〜三日供御(ぐご・食事)をとっていなかったので、何か供えるよう老夫婦に頼み、姥は根芹を、尉(じょう・老人)は国栖魚(国栖(吉野の地名)付近で取れた川魚)を供える。天皇は鮎を半分残し、尉に賜った。尉は、鮎がまだ活き活きとして見えたので、かつて神功皇后が新羅を征伐したときも三尺の鮎を釣り上げたというから、天皇の行く末を占ってみようと鮎を吉野川に放してみると、生き返って泳いでいった。
 するとそこに追手が来たので、老夫婦は天皇を船陰に隠して言葉巧みやり過ごす
 やがて琴の音が聞こえ、音楽に引かれて天女が現れ舞を舞い、蔵王権現は天皇の王威のもと平和な御代となることを祝福する。

熊坂

 都の僧が、東国修行を思い立ち、美濃国赤坂の宿に着くと、一人の僧に声をかけられる。その僧は、今日はさる人の命日なので弔ってほしいと言う。都の僧が、その人の名を尋ねるがその僧は答えず、あそこに見える一本の松の少し手前の茅原がその者の古墳であるから弔うよう頼む。その僧は自らの庵へと都の僧を招きいれると、そこには仏像などもなく、かわりに大長刀など物々しい兵具が立て置かれてあるので、都の僧が不審に思って尋ねると、このあたりは山賊夜盗が出没する物騒なところであるからその備えであると答える。やがて夜も更けたからそろそろお休みなさいと言って僧が庵の奥へ消えたかと思うと、庵は消えてなくなり、都の僧は松陰の草むらで夜を明かしていたことに気付くのであった。
 都の僧が、所の者に尋ねると、それはおそらく牛若に討たれた盗賊熊坂長範(くまさかのちょうはん)の霊であろうと言うので、夜もすがら弔っていると、熊坂長範の霊がありし日の姿で現れ、かつて吉次一行を襲おうとした際に、その中にいた牛若によって討ち取られたときの様子を見せ、最後は僧に回向を頼んでまた松陰に姿を消す。
 同じ話を扱ったものに「烏帽子折」があり、「熊坂」が、熊坂の霊が一人で仕方話の形で牛若と戦った様子を見せるのに対し、「烏帽子折」は実際に生きた熊坂長範とその手下が現れ、牛若と舞台上で斬り組みを見せる。武器も熊坂は長刀であるが、烏帽子折は大太刀で違いがある。

鞍馬天狗

 鞍馬山の奥、僧正が谷に住む客僧(山伏のこと)が、花見があるというので自分もよそながら花を眺めようと西谷へと向かう。
 東谷の僧は、西谷から、花が盛りなので是非見に来てほしいという誘いを受け、稚児たちを引き連れて花見へと向かう。すると、そこに知らない客僧が一人座っているのに気付き、花見は明日にしようといって引き上げる。しかし、一人だけ帰らずに残っている稚児がいる。客僧が不審に思って尋ねると、他の稚児はみな今をときめく平家の一門であり、それに比べて自分は日のあたらない、月にも花にも捨てられた境遇であると言って涙を流す。客僧は、源義朝の子・牛若と気付き、痛わしく思い、毘沙門の「沙」の字を取って沙那王と名づけ、愛宕や高雄、比良、横川など桜の名所を見せて慰める。沙那王が客僧の名を尋ねると、我こそこの山に住む大天狗であると名乗り、明日また来れば兵法を授け、平家を討たせて進ぜようと言って雲を踏んで飛んでいってしまった。
 次の日、沙那王が長刀を携えてやってくると、昨日の客僧が天狗の姿で現れ、漢の高祖の臣下・張良が黄石公から兵法の奥義を授かったときのことを物語り、同じように奥義を遮那王に伝え、驕れる平家を西海に沈められるよう影身を離れずお守りしましょうと約束して姿を消した。
 平治の乱で父・義朝が討たれた後、まだ幼かった牛若は鞍馬寺に預けられた。まだ平家全盛のその当時の話。その後平家打倒の機運が高まり、牛若は奥州へ逃れ、頼朝が兵を挙げることになる。
 花見稚児として登場する子方も見所の一つ。舞台に出ている時間が短く、前の子についていけばいいので、この曲で初舞台を踏むことが多い。かわいらしい子方が舞台に並び、花を添える。

車僧

 車僧が嵯峨野へ出かけ、車を止めて景色を眺めていると、愛宕山の大天狗、太郎坊が山伏姿で現れ、車僧に禅問答を挑むが敵わず、愛宕山の自分の庵室に来るように言って姿を消す。車僧が愛宕山へ行ってみると、太郎坊は天狗の姿で現れ、車僧を魔道へ引き入れようと再び行較べを挑む。しかしやはり敵わず、なんと貴く恐ろしい車僧かなと合掌して失せる。
 車僧はワキの役。車に乗った僧という意味で固有名詞ではない。車に乗って昔の話を物語ったり、説法をしたり、あるいは奇術の類を見せたりしていたようだが、本曲の中では高僧という設定になっている。シテは天狗で、是界と同じ、愛宕山の太郎坊。天狗は仏法を妨げる者と考えられていた。車僧をくすぐって笑わせようとする間狂言も面白い。

呉服(くれは)

 帝に仕える臣下が摂津の国呉服の里に着くと、機織りをする二人の女性と出会う。女性は、応神天皇の御代に、中国・呉国から織物を伝えた呉織(くれはどり)と漢織(あやはどり)であると名乗ると、めでたく治まる御代を称え、今また織物を織って帝に捧げ物としましょう、このままお待ち下さいと言って姿を消す。
 やがて呉織が美しい姿で現れ、御代を寿ぎ、袖を翻して舞を舞い、織物を織って帝へ奉るのであった。
 「作物出」の小書き(特殊演出)が付くと織機の作り物が出、後は呉織と漢織の相舞となる。

黒塚(他流では安達原とも)

 那智の東光坊祐慶は諸国をめぐる途中、奥州安達原に着いたところで日が暮れたので、人里離れた山の中に一軒の家を見つけ宿を頼む。主の女性は、卑しい身の業と恥ずかしく思いながら、僧の請いにより枠�蓄輪(わくかせわ)という糸を巻き取る道具を扱う様を見せたあと、世も更けて寒くなってきたから、薪を取ってこようと言う。その間、決して閨(ねや・寝所)の内を覗かないようにと重ねて言うので、僧たちは怪しみ、中を覗いてみると、人の死骸が山積みになっていた。さては安達原の鬼女の棲家であったかと逃げ出すと、鬼女も追いかけてくるが、僧たちの懸命の祈りにやがて力も弱り、姿も見えなくなってしまった。

源氏供養

 安居院(あぐい)の法印が石山寺に参詣すると、一人の女が現れ、石山に籠もって源氏物語を書いたがその供養をしなかったために今も成仏できずにいると言って、法印に源氏の供養を頼み姿を消す。法印が紫式部の菩提を弔っていると、紫式部がありし日の姿で現れ、願文を読み上げ舞を舞う。
 当時、空想の物語を書くこと、虚構の世界を作り出すことは罪深いことと考えられ、その罪によって紫式部は地獄に堕ちたと考えられていた。後半、源氏物語の巻の名を巧みに織り込んだ願文を読み上げるところが見せ場で、実際にはワキの法印が読み上げ、シテの紫式部はそれに合わせて舞を舞う。

絃上(けんじょう・流派によって玄象とも)

 藤原師長は琵琶の上手で、更にその技を磨くため中国に渡ろうと思い、その途中須磨に立ち寄る。そこで老人夫婦と出会うと、その老人は師長以上の琵琶の名人であったため、日本にもまだこれだけの琵琶の上手がいたかと中国に渡ることを考え直すと、老人夫婦は、我々は村上天皇とその妻・梨壷の女御であり、師長が中国へ渡るのを思い留まらせるために現れたと名乗る。やがて村上天皇が本当の姿で現れると、龍神も琵琶の名器・獅子丸を持参し師長に捧げ、村上天皇は舞を舞う。
 中国からもたらされた絃上・青山・獅子丸という三つの琵琶の名器の一つ、絃上の主たる村上天皇をシテとし、中国へ渡ろうとする師長に対し、日本の優位性を説いて留まらせようとする。類曲に「春日龍神」がある。獅子丸は日本へ渡る途中龍神により海に沈んだとされ、青山は仁和寺・守覚法親王に寵愛された平経政が愛用したことが「経政」という能に作られている。

皇帝

 玄宗皇帝が、楊貴妃の病を憂いていると、鍾馗が老人の姿で現れ、自分は進士の試験に落第し、自ら命を絶ったが、その志を認められ、死後及第を賜った。その報恩に、楊貴妃の枕もとに明王鏡を置いておいていただければ、必ず病鬼を退治しましょうと言って消える。帝が、言われた通り、明王鏡を置いておくと、鏡に病鬼の姿が映ったので、帝は剣を抜いて戦うも病鬼は柱の影に姿を消す。すると鍾馗の精霊が現れ、病鬼を退治し、今後も帝の守りの神となりましょうと言って姿を消した。

高野物狂(こうやものぐるい)

 高師四郎(たかしのしろう)は、主君の死後、その子春満(しゅんみつ)を養育していた。しかしある日、春満は出家する旨を記した文を残して姿を消してしまったので、高師四郎は、春満を探す旅に出る。春満は、高野山に入って修行していたが、そこに主君の子である春満を慕う思いから物狂いとなった高師四郎が現れ狂い舞うが、春満は高師四郎と気付き、二人は再会を喜び、高師四郎も主君に従い仏道へと入るのであった。

小鍛冶

 小鍛冶宗近に御剣を打ち奉るようにと勅が下るが、相槌を打つ者がいない。困った宗近が氏神たる稲荷明神に参詣しようとすると、童子が現れ、力を貸そうと言って消え失せる。宗近が壇をこしらえ祝詞をあげていると、稲荷明神が現れ、相槌打って御剣は無事打ち上げられた。

小督

 帝の臣下が登場し、小督の局は、高倉天皇から寵愛を受けていたが、平清盛の娘・徳子が中宮となったので、自ら身を引いて姿を消したと述べる。帝は深く嘆いていたが、嵯峨野のあたりにいるという噂を聞き、源仲国に探してくるよう宣旨を出されたので、仲国にそれを伝えるところであると言って、幕に向かい呼びかける(幕内は仲国宅を表す)。仲国は宣旨を聞き、今夜はちょうど八月十五夜であるから、琴を弾くに違いない、小督の局の琴の音はよく知っているので必ず見つけて参りましょうといって嵯峨野へと急ぐ。
 小督の局と侍女が登場し、片折戸の作り物(能の舞台セット)が出され、舞台は嵯峨野、小督の質素な住まいとなる。小督の局は、侘しい生活を嘆き、琴を弾いて心を慰める。
 仲国は馬に乗って嵯峨野に着くと、琴の音をたよりに小督の住まいを探す。すると夫を恋しく想う「想夫恋」の琴の音が聴こえたので、ここに違いないと門をたたく。小督は、一度は拒むものの、やがて仲国を招き入れる(作り物が引かれ、舞台は小督の住まいの内となる)。仲国は帝からの文を渡し、返事を受け取ると名残の酒宴となり、仲国は舞を舞い、また馬に乗って都へと帰っていくのであった。

小袖曽我

 曾我兄弟は、頼朝が巻狩りに出ると聞いて、これを機会に親の敵である工藤祐経を討とうと決心する。弟の五郎時致は、出家するようにと寺に入れられたにも関わらず、出家せずに元服したため、勘当されていたので、許しを乞う為に母のもとへと向かう。
 初め、兄の十郎祐成が一人で母と対面する。そして機嫌もよさそうだから今度は時致に対面するよう勧める。時致ははじめ躊躇するが、兄に促されて言ってみると、「祐成は今訪ねてきたし、国上の禅師(曽我兄弟の弟)は寺にいる。その他に子はいないはずなのに時致というのは誰であろう。さては箱根の寺に預けた箱王か。勘当したのにやってくるとは何事か。」と言って戸を閉められてしまう。そうとも知らず、祐成がそろそろいい頃合いかと思って時致を招くと、涙を流しながら戻り、なお重ねての勘当と申し渡されたと告げる。また祐成のもとに、時致のことを言ったら祐成も同様勘当にするとの使いが来るが、いい考えがあるからと言って、今度は兄弟二人連れ立って母のもとへ向かう。
 祐成は、狩りに出るのに自分一人では頼りないから時致を連れて行こうと思っているのに、それを許さないというのは、祐成のことも思っては下さらないのですねと嘆き、たとえ出家したとしても、我らの身の上は世の知るところで、敵から逃れるための出家であろうと思われるつらさ、また箱根にいる間も、両親への孝心を忘れず、毎日父母の為に読経をかかさなかったのにこの3年勘当されていることを訴え、父も狩場で討たれたように、狩場は不慮の争いも起こる場で、その狩りへ向かおうと言うのに気遣って下さらないのかと恨み顔で涙を流しながら二人退出すると、ついに母も心をうたれて勘当を許す。
 めでたく酒宴となり、兄弟は揃って舞を舞い、これが最後の親子の別れと涙を流しながら暇乞いをし、必ず敵を討って親孝行の例とならんと狩り場へ出発する。

西行桜

 西山の庵室に閑居していた西行は、花見禁制の由、能力に触れさせていたが、都の男たちが数人、知らずに庵室を訪れ、追い返すこともできないので共に花を眺める。西行が「花見むと群れつつ人の来るのみぞあたら桜の咎にはありける」と不満をもらすと老い木の桜の精が現れ、非情無心の草木に何の咎があろうかと反論するも、西行との知遇を喜び、都の花の名所を語り、舞を舞う。

桜川

 日向国で幼子を買い取った人買いは、預かった文と身の代とを幼子の母に届ける。文を読んだ母は、我が子・桜子が身を売った事を知り、その行方を尋ねて故郷をさまよい出る。
 常陸国磯辺寺の僧が、自分を慕ってきた幼子を連れ、桜川を訪れる。するとそこに掬い網を持った狂女が現れ、桜子を懐かしんで流れる花を掬う。幼子は母と気づき、再会を喜んで帰っていく。

三笑(さんしょう)

 慧遠禅師(えおんぜんじ)は、十八の賢と呼ばれる十八人の同志と共に盧山(ろさん)の麓に白蓮社を結び、世俗を離れて隠棲していた。そこを陶淵明(とうえんめい)と陸修静(りくしゅせい)が訪ねると、慧遠禅師は喜んで招き入れ、見事な滝を眺めながら酒を酌み交わす。二人が連れてきた童子が舞を舞い、続いて慧遠禅師も舞を舞うと、足元あやしくよろめきながら虎渓にかかる苔の生えた橋を渡っているので、陶淵明と陸修静が介添えしたところ、気が付くと虎渓(こけい)を出てしまっていた。慧遠禅師は、虎渓という谷川より外にはもう出ないと禁足を誓っていたのである。禁足を破ってしまったことに気付いた三人はどっと笑い、三笑の故事となった。
 室町後期に禅僧の間で流行していた三笑の故事をもとにした「虎渓三笑図」を舞台化した曲。能で唯一「笑う」場面のある曲であるが、狂言のように笑うわけではなく、両手を合わせる所作で笑ったことを表す。この両手を合わせる所作は、感情の発露で、悲しさ、悔しさなどいろいろな感情を表すために他の曲でもしばしば見られる。

志賀

 帝の臣下が、近江国志賀の山桜は今が盛りと聞いて訪れると、そこで薪に桜の枝を折り添えて担ぐ老人と若い男に出会う。老人は、「道のべの たよりの桜 折り添へて 薪や重き 春の山人」という大伴黒主の歌を詠み、和歌の徳を称え、我こそ黒主であるとほのめかして姿を消す。やがて志賀の神となった黒主の神霊が現れ舞を舞う。
 大伴黒主は六歌仙の一人。「草紙洗」では悪役だが本曲では神として登場する。

七騎落

 平家打倒の兵を挙げた頼朝であったが、石橋山の合戦に敗れ、ひとまず西へ逃れることになった。その時船に乗っていたのはちょうど8人であったが、かつて祖父・為義が奥州へ逃れたときも、父・義朝が尾張へ逃れたときも主従8騎であったことを気にかけた頼朝は、一人船から降ろすよう土肥実平に命ずる。実平は思案の末に息子の遠平を船から降ろすことにする。そこに平家方の和田義盛が、頼朝に味方するためにやってくる。義盛が連れているのは船から降ろし、討ち死にしたものと思っていた遠平であった。実平は喜び、酒宴となって舞を舞う。
 現在物(全員素顔で面をかけない)らしい、言葉(セリフ)での激しいやりとりが見どころ。

自然居士(じねんこじ)

 自然居士が説法をしていると、一人の少女が現れ、小袖を差し出して両親の供養をしてほしいと頼む。するとそこに人商人が現れ、少女を連れ去ってしまう。少女は自分を人商人に売って小袖に変え、その小袖で両親の供養をしようとしたのであった。自然居士はそれに気づき、あとから人商人を追いかける。人商人はちょうど琵琶湖で船を出したところであったが、自然居士はこれに乗り込み、小袖は返すから少女を返すように言う。人商人は、一度買い取った者を返すことはできないことになっているからそれはできないと言うと、自然居士は人商人に売られた者を見たら助けるまで帰ってはならないことになっていると言って降りようとしない。人商人は諦めて少女を返そうと思うが、ただ返すのも悔しいので舞を舞わせたり鞨鼓を打たせたりするが、無事自然居士は少女を連れ都へと帰るのであった。
 観阿弥原作で、世阿弥によって改変が加えられたものと考えられている。説教者、芸能者として有名だった自然居士が、前半は人商人相手に緊迫した問答を見せ、後半は中之舞、船の起源を謡った曲舞、鞨鼓と続けて舞ってみせる芸尽くしの内容となっている。

石橋(しゃっきょう)

 大江定基は出家して寂昭法師と名乗り、中国、インドの仏教遺跡を巡っていた。清涼山の石橋に着くと、そこに童子が現れる。童子が、これが有名な石橋であり、その向こうは文殊菩薩が住む浄土と言われる清涼山であると話すと、寂昭が渡ろうとするので、昔の高僧たちも、ここで難行苦行を積んで月日を送ったからこそ、この橋を渡ることができたのであるから、そんな簡単に渡ろうとするなどもってのほかであると諫める。童子は、この石橋は人間が渡したものではなく自然と現れたもので、幅は尺(約30センチ)よりも狭く、苔が生えて滑りやすく、長さは三丈あまり(約9メートル)、谷の深さは千丈あまり(約3キロメートル)に及ぶ。谷を見れば足がすくみ、相当に悟りをひらいた人でなければ、この橋を渡ることはできないであろうと語り、向かいは花降り音楽が聞こえる文殊菩薩の浄土であるが、その音楽が夕べの雲とともに聞こえてきたので影向(ようごう・神体などが姿を現すこと)の時ももうすぐであろうと言って姿を消す。すると文殊菩薩の足元を守る百獣の王・獅子(シテ)が現れ、百花の王・牡丹が花開く中、石橋の上で獅子の舞を見せる。
 最初に牡丹の花がついた台が2台舞台上に置かれ、これが石橋を表す。童子というのは神性を持った少年。神の化身などとして現れる。文殊菩薩は獅子の背にいつも乗っていて、文殊菩薩像の足元には必ず獅子がいる。

舎利

 出雲国美保の関の僧が都に上り、仏舎利を拝もうと東山泉湧寺に詣でる。これがかつて足疾鬼が奪い、またそれを韋駄天が取り返したという仏舎利かと感動の涙を流して拝んでいると、そこに一人の男が現れ、仏舎利を拝みたいと言う。僧は喜んで共に拝むと、男は仏舎利の貴いことを語る。そうしているうちに、晴れていた空が急に曇りだし、雷までなり出した。僧がこれはどうしたことかと思っていると、男は自分は足疾鬼の執心であると名乗り、仏舎利を取って虚空に上がり、そのまま見えなくなってしまった。すると、韋駄天が現れ、宝棒をもって足疾鬼を打ち伏せ、散々に責め立てると足疾鬼は泣く泣く仏舎利を差し出した。

俊寛

 平家転覆を画策した鹿ケ谷事件により、俊寛、康頼、成経の三人は鬼界が島に流罪になっていたが、中宮安産のご祈祷のために特別の大赦が行われることになり、康頼、成経の二人は赦されることになった。それを伝えるための使者が鬼界が島へと向かう。
 康頼と成経は、都にて三十三度熊野参詣の宿願を立てていたが、その半分にも届かないうちに流罪となってしまった。そのため、鬼界が島に三熊野を勧請して、今日も参詣していたところであった。そこに俊寛が現れ、時も重陽の節句であり、彭祖が七百歳の長寿を保ったのも深谷の水であったと酒の代わりに谷水を飲み交わしながら、都での生活を懐かしむ。
 そこに早船が来て、都から赦免状を持ってきたという。俊寛は有り難く受け取り、康頼に読むよう促す。すると、康頼、成経の名前のみで俊寛の名がない。どうして俊寛の名を読み落としたのかと聞くと、二人の名しか書かれていないという。俊寛が自分で見て確かめてみても、やはり名前はない。さては筆者の誤りかと赦免使に問うが、自分が連れ帰るように言われたのは二人だけであるという。俊寛は同じ罪、同じ配所であるのにどうして自分だけこの島に残されるのかと嘆き悲しむ。
 夢ならば覚めてほしいと現なき有様で嘆く俊寛をよそに、斜面使は二人を連れて出発しようとする。俊寛は康頼の袂にすがり、せめて向こうの岸まで連れて行ってくれと頼むも叶わず、最後は纜(ともづな)をつかんで引き留めようとするが、その纜も断ち切られ、渚に泣き居るばかりであった。「私たちが都に帰ったら、俊寛も都に帰れるよう執り成しましょう。きっとまた都へまた帰れますよ」と言う声もだんだん遠ざかり、やがて船影も人影も消えて見えなくなってしまった。
 歌舞よりも人間の内面を描くことを好んだ観世元雅の作。俊寛の悲痛な悲しみを描く。能には珍しくハッピーエンドになっていないのも元雅らしい。

春栄

 増尾種直の弟春栄丸は、宇治橋の合戦で生け捕られ、囚人奉行高橋権頭家次のもとに身を預けられていた。そこに、兄の種直が対面しようとやってくる。春栄丸は、兄を巻き込むのを避けようと、「あれは家人であって兄ではない」と追い返すように言うが 家次の計らいで二人は再会を果たす。春栄はそれでも種直を家人として扱おうとするので、種直はこれまでと思い腹を切ろうとする。これを見て春栄もついに兄と認め、涙ながらに再会を喜ぶ。家次もいたわしく思い、春栄は宇治橋の合戦で討ち死にした息子に そっくりだから養子にしたいと種直に申し入れる。しかし、そこに鎌倉より囚人すべての首を斬るべきとの飛脚がくる。種直は若い弟の代わりに自分を斬るよう頼むが、それはできないと家次に断られ、それならば一緒に首を斬るようにと頼み、従者の小太郎に兄弟それぞれ形見の品を預ける。そしていざ首斬らんというその時、鎌倉より早打ちがきて春栄赦免の由を告げる。春栄丸はめでたく家次の養子となり、種直は喜びの舞を舞う

鍾馗(しょうき)

 唐土、終南山の麓に住む男が、奏聞することがあって都へ上ろうとしていると、何者かに声をかけられる。それは鍾馗の亡霊で、進士の試験に落第し、自ら命を絶ったが、その志を認められ、死後及第を賜ったその報恩に、国土を守ろうと思うから、そのことを奏聞するようにと頼む。その夜、男が読経していると、鍾馗の精霊が現れ、宝剣で悪鬼を退治する様を見せる

猩々(しょうじょう)

 唐土に高風という親孝行の男がいた。高風はある夜、揚子の市に出て酒を売れば富貴の身となるであろうという夢を見る。その通りにすると、本当に富貴の身となった。またその市に毎日酒を買いに来る者があった。不審に思って尋ねると、海中に棲む猩々であるという。そこで高風が潯陽江に出て待っていると、猩々が現れ、舞を舞い、高風に尽きることのない酒をたたえた壷を与えた。
 祝言と言われるおめでたい曲。猩々というのは想像上の動物で、顔は人に似て、酒を好むと言われていた。

西王母(せいおうぼ)

 三千年に一度花咲き実なると言われる桃の花が咲いたと言って、治まる御代のしるしと女がその花を帝に捧げる。帝が、さては西王母の園の桃かと尋ねると、我こそ西王母であると言って姿を消す。やがて西王母は侍女を伴ってその姿を現し、桃の実を君に捧げ、舞を舞う。
 西王母は中国の仙女。

誓願寺

 一遍上人が熊野に籠って通夜の祈りを捧げていると、六十万人決定往生の御札を全国に広めるようにという霊夢を見る。これに従ってまず都に上り、誓願寺で札を配っていると、一人の女性が現れ、どうして六十万人と人数の限るのかと尋ねる。上人が、これは「六字名号一遍法、十界依正一遍体、万行離念一遍証、人中上々妙好華」の頭文字を取ったもので人数を限ったものではないと答えると女性は喜び、誓願寺と書かれた額を外し、上人の字で六字名号(南無阿弥陀仏)と書いた額に変えるように言う。上人が不審に思って尋ねると、これは御本尊の御告げですよと言い、自分の住みかはあの石塔ですと和泉式部の墓をさして姿を消す。上人が女性の言うとおりに元の額を外し、六字名号を書いて掲げると、不思議な香りと共に花降り下り、音楽が聞こえる中に和泉式部が歌舞の菩薩となって現れる。

是界(ぜがい・流儀によっては善界・是我意とも)

 唐土の天狗の首領、是界坊は、自国の慢心の者どもは皆、天狗の道に引き入れてしまったので、小国であるが神国として仏法が盛んと聞く日本で、自分の行力を試そうと日本にやってくる。是界坊は愛宕山の天狗、太郎坊を尋ね、日本の天台山、比叡山へ案内を頼む。
 比叡山の僧は、勅命を受けて都へ上る途中、急に嵐となり、雷鳴轟いたので何が起こったのかと驚いていると、是界坊が現れ、僧を魔道に引き入れようとするが、僧の祈りによって不動明王が現れ、さらには東に山王権現、南に男山、西に松尾、北に北野や加茂などの神々により力も失せ、もう二度と日本には近寄らないと言って帰っていった。

殺生石

 玄翁道人が下野国那須野の原を通りかかると、一塊の石があり、そのまわりで鳥が落ちている。驚いていると、一人の女が現れ、その石は殺生石と言って、人間は言うに及ばず、鳥類畜類までも近寄ると命がないのだから、近くに寄らないようにと呼びかける。なぜ殺生をはたらくのかと尋ねると、昔、鳥羽院の上童(うえわらわ)に玉藻の前という人がいて、容顔美麗な上に知恵も優れ、寵愛されたが、ある時、管弦の御遊が催されると、突然灯りが消え、暗闇となった中に玉藻の前だけが月の如く輝き、それ以後、帝は御病気となってしまった。安倍泰成の占いにより、玉藻の前の仕業とわかると、玉藻の前は化生(けしょう)の姿を現し、那須野の草の露と消えた。その執心が残ってこの石となったのであると語り、我こそその石魂であると言って女は石の陰に消えてしまった。玄翁道人が石を供養していると、石は二つに割れ、中からその石魂が野干の姿で現れた。野干は、勅使として遣わされた三浦介、上総介によって討たれた様を見せ、この後はもう悪事はしないと約束して姿を消した。
 野干とは狐の異名。

蝉丸

 延喜帝の第四皇子・蝉丸が輿(こし)に乗り登場する。蝉丸は盲目の身に生まれ、帝から逢坂山に捨て置くようにとの勅に従い、逢坂山へ向かう道中であった。やがて逢坂山に着くと、こうして盲目の身に生まれたのも前世の報い、こうして捨て置かれるのも来世を助けようとの帝の慈悲であろうと悟り、髪をおろし僧体となる。杖を持たせ、蝉丸を残し帰る従者たち、残された蝉丸は、琵琶を抱いてむせび泣くばかりであった。
 するとそこに博雅三位(はくがのさんみ)が現れ、痛わしく思い、蝉丸のために藁屋をしつらえる。
 延喜帝の第三皇子・逆髪(さかがみ)が現れる。逆髪はその名の通り髪が逆立ち、心も狂乱して都をさまよい出てきたのであった。逆髪は、美しい琵琶の音が聞こえるので藁屋に近づき聞いていると、蝉丸がそれに気づき、さては博雅三位かと声をかけると、その声を聞いた逆髪は蝉丸と気付き、二人は再会を喜ぶ。二人は、皇子として生まれながらこのような賤しい身の上に落ちぶれたことを嘆き悲しむものの、逆髪はまた流浪の旅へと出立し、蝉丸はまた一人逢坂山に残されるのであった。
 百人一首にも「これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関」の歌が採られている蝉丸。今昔物語では敦実親王に仕える使用人となっているが、本曲のように自身が皇子であったという話も後に生まれた。

禅師曽我

 曽我兄弟は、見事父の敵である工藤祐経を討ち、自らも捕らえられて命を落とした。
 団三郎と鬼王は、兄弟から形見のものを預かり、曽我に帰って母に届けた。父のためには敵を討っても、母のために生きて帰ってきてはくれないのかと恨み言を言いながらも形見を受け取る。母は兄弟の弟である久上禅師の身を案じ、手紙をしたためて団三郎と鬼王に預けた。
 久上の禅師が百座の護摩を焚いて、二人の兄の仇討ちの成功を祈ろうと思っていると、禅師の伯父であり、養父である伊東祐宗が、討手としてやってくる。禅師は長刀振るって戦うが、最後に覚悟を決めて自害しようとする所を捕らえられ、鎌倉へと送られる。
現行の曽我物4番は、内容的には、調伏曽我→小袖曽我→夜討曽我→禅師曽我、という順になっていて、この禅師曽我、兄弟が敵を討ったあとの後日譚にあたるものです。
 上記のように、本来、曽我での前半場面と、久上での後半場面の二場構成だったものが、現在では前半部分は省略され、後半、討手が来たところで母からの手紙が届き、それを読んで全てを知って、覚悟を決めて祐宗と戦いを挑む、という形になっています。その為、時間的には30分くらいの短い能です。

草紙洗

 宮中の歌合せで小野小町の相手に決まった大伴黒主は、前夜に小町の屋敷に忍び込み、和歌を詠むのを盗み聞きする。黒主は、その歌を万葉集の草紙に書き込み、歌合せにのぞむ。小町の歌が披露されたとき、これは古歌であると黒主が草紙を見せるが、これを怪しんだ小町が草紙を洗ってみると、後から書き込んだ小町の歌の墨は流れて消えた。黒主は自害しようとするが、小町のとりなしで思い直し、小町は舞を舞う。

大会(だいえ)

 比叡山の僧正の庵室に1人の客僧が現れ、命失うところであったのを助けてもらった例を述べる。僧正が何のことであろうかと戸惑っていると、東北院あたりでのことである、よく思い出してみるように言い、自分は通力を得し者であるから何でも望みがあったら叶えようと言う。僧正は、かつて子供にいじめられている鳶を助けたのを思い出し、さてはその鳶が実は天狗であったかと理解して、かつて釈迦が霊鷲山で説法した様を拝みたいと頼む。客僧は、「簡単なことである、目を閉じて待つように。ただし、くれぐれも、信心を起こしてはいけない」と言い残して姿を消す。すると空から音楽が聞こえ、目を開けてみるとそこは霊鷲山で、釈迦如来が獅子の座に座しておられた。僧正は思わず信心を起こし、涙を流して合掌すると、山は振動して帝釈天が現れ、天狗の術は解けて、目の前の大会は散り散りになって消えてしまった。
 後半、釈迦の姿で登場した後シテが、ワキの僧正が合掌した後、術が解けて天狗の姿となってしまう早替わりが見せ場。十訓抄によった話であるが、子供にいじめられていた天狗、天狗に頼む僧正、信心を起こしてしまう僧正、礼をするつもりが帝釈天にこらしめられてしまう天狗など滑稽である。

大仏供養

 平家の侍、悪七平衛景清は、平家滅亡の後、西国にいたが、頼朝を討とうと都に上り清水寺に籠もっていた。頼朝が奈良東大寺の大仏供養に来ると聞いた景清は、そこで頼朝を討とうと考え、その前にまず同じく奈良に住む母を訪ねる。
 景清の母が、息子に会いたいと祈っていると、案内を乞う者がある。その声は正しく景清のものであり、母が「景清か」と喜んで出て行くと景清は、誰が聞いているかわからないから名前を呼ばないようにと言って中に入る。景清は、西国から宿願を果たす為都に上り、また大仏供養があるとのことなので人混みに紛れて奈良の母のところまで来たことを話す。母が景清に、頼朝を狙っているという噂があるが本当かと尋ねると、平家一門の供養の為、頼朝暗殺を企てていることを打ち明ける。母は、年老いた自分の最期をみとってほしいと思いとどまるように言うが、平家一門のことを思いながら身を隠して日々を送っている自分の気持ちもわかって下さいと訴え、涙ながらに母のもとを発ち、母もそれを涙を流して見送る。
 大仏供養の為、頼朝一行が登場する。そこに庭を清める神官になりすました景清が現れるが、装束の隙間から鎧の金具が光ってばれてしまい、景清は慌てて人混みに隠れる。頼朝の家臣は、悪七平衛景清が頼朝の命を狙ってやってきたものと警護の兵に討ち取るよう命ずる。景清も、このまま逃げ帰っては武士の恥と平家の侍悪七平衛景清と名乗ってしばらく戦い、また姿を消してしまった。
 平重衡によって焼かれた奈良東大寺の大仏を頼朝が再興した。しかし、そのとき景清が頼朝を狙ったことは史実に見えない同じく悪七平衛景清を取り扱った「景清」という曲がある。

當麻(たえま)

 念仏の行者が、三熊野に参詣した帰り、大和の国の當麻寺に参る。すると、老尼が若い女を連れて現れ、染殿の井や、蓮の糸をかけて乾した桜木について教える。さらに當麻の曼陀羅について尋ねると、昔中将姫が、正身の弥陀如来を拝みたいと称賛浄土経を毎日読誦していると、化尼(阿弥陀の化身)が現れ、蓮の糸を集めるように言い、化女(観音の化身)がその蓮の糸で曼陀羅を織り上げたと語り、自分たちは化尼化女であると言って、紫雲に乗って上がっていった。すると中将姫の精魂が現れ、読経の功徳により極楽世界の聖衆の一員となったことを語り舞を舞う。

龍田

 龍田明神に参詣するため龍田川を渡ろうとする僧に巫女が声をかけ咎めます。「龍田川紅葉乱れて流るめり渡らば錦中や絶えなん」とは言うけれど今は薄氷が張っていると反論する僧に女は「龍田川紅葉を閉づる薄氷渡らばそれも中や絶えなん」という歌もあると応じます。御神木の紅葉を案内し、龍田姫は我なりと言って社殿に消える巫女、やがて再び姿を現し、龍田の紅葉をめで、夜神楽を舞うのでした。

玉葛

 一人の僧が、諸国を行脚する途中、奈良に立ち寄り、長谷寺に詣でる。すると一人の女性が船に乗って現れる。僧は、水深が浅く岩場も多いこの初瀬川で船に乗っていることを不審に思い尋ねると、これは長谷寺に詣でる者ですが、「海士小船(あまおぶね)、初瀬の川」と古歌にも詠まれているのですからご不審なさらぬようにと答える。僧は、たしかにその通りですが、実際このような場所で船を漕ぐなど例のない事と理由を尋ねますが、そんなことよりもこの美しく紅葉色づく初瀬山をご覧なさいと話を逸らし、長谷寺の本堂に参詣し、続いて二本(ふたもと)の杉へと案内する。僧が、「二本の杉の立ち処(ど)を訪ねずは古川野辺に君を見ましや」という歌について尋ねると、これは光源氏の昔、玉葛の内侍(ないし)がこの長谷寺に詣でたときに、玉葛の内侍の母、夕顔の侍女であった右近がこれを見つけ再会したのを喜び詠んだ歌であると答え、哀れと思って弔うよう頼む。続いて玉葛の内侍が母の亡きあと九州へ下り、大夫の監(たゆうのげん)の求婚から逃れ、この長谷寺で右近と再会するまでを物語り、改めて弔ってくれるよう頼み、我こそ玉葛の内侍であるとほのめかして姿を消す。僧が玉葛の内侍の亡き跡を弔っていると、玉葛の内侍の霊が髪を乱した姿で現れ、生前その美貌により数多く浮き名を流し、その因果で今も妄執に苦しむ様子を見せるが、最後には悟りを得て長い迷いの夢から覚めるのであった。

田村

 東国の僧が、都見物を思い立って京に上り清水寺に着くと、美しい玉箒を持って木陰を清めている童子と出会う。僧が寺の来歴を尋ねると、昔、大和の国子嶋寺の賢心という僧が、生身の観世音菩薩を拝みたいと願って修行していると、ある時木津川の川上から金色の光がさしているのを見つける。上ってみると、一人の老翁がいて行叡居士と名乗り、ここで一人の檀那を待ち、大伽藍を建立するようにと言って東をさして飛んでいってしまった。この行叡居士こそ観世音菩薩の御再誕、待てと言われし檀那こそ坂上田村丸であると語る。また童子は僧の求めに応じて目の前に見える都の名所を教えながら、都の春の美しさに興じる。僧が童子の唯人ならぬ様子に名を尋ねると、我が帰る方をご覧なさいと言って田村堂の中へと姿を消してしまった。やがて僧が法華経を読誦していると、坂上田村丸がありし日の姿で現れ、千手観音の助けによって伊勢の国鈴鹿山の鬼神を打ち平らげた様子を見せる。
 武将を主人公とする修羅能であるが、現世への執心があるわけでも修羅道の苦しみを見せるでもなく、春の都の美しさを愛で、清水寺の来歴を語り、千手観音の奇特を再現する、というように、脇能にも近い性格をもった曲である。

竹生島

 帝の臣下が竹生島参詣のため琵琶湖畔に着くと、老人と若い女が乗った舟があったので、同乗させてもらう。竹生島に着き、老人と女が弁財天を案内すると、私たちは人間ではないと言って女は社殿に姿を消し、老人は湖の主であると言って波間に消え失せる。やがて社殿から弁才天が姿を現し、続いて龍神が現れ、国土を守護することを誓い、波を蹴立てて豪快に舞って水中の龍宮へと消えていった。

張良

 漢の高祖の臣下張良は、ある日不思議な夢を見た。それは、かひという所の土橋で一人の老翁と出会い、その老翁は、左の沓を落としてそれを取ってはかせよと言う。張良がその通りにすると、その老翁は「汝は誠の志があるから、五日後にまたここに来たならば兵法の大事を伝えよう」と言う、というものであった。そこで張良が五日後にあたる日に土橋に来てみると、既に老翁は先に来て待っていて、遅刻を咎め、また五日後に来るように言って姿を消す。張良がまた五日後にあたる日、夜中のうちから土橋に来て待っていると、黄石公が現れ、今一度張良の心を試そうと、再び沓を落とす。流れが速く、張良が沓を取ることができずにいるところに、大蛇が現れて沓を取り上げる。張良が剣を抜いて斬ってかかろうとすると、大蛇は剣の光に恐れて張良に沓を差し出し、張良はこれを黄石公に履かせた。黄石公はこれを認め、兵法の一巻を取り出し、これを張良に与えた。
 曲名が示す通り、張良が活躍する曲であるが、その張良を演じるのはワキである。能はシテを中心に作られた曲がほとんどで、ワキはシテの相手役、脇役に徹するのが原則である。本曲のようにワキが活躍する曲は珍しい。その為、ワキ方では重い扱いになっている。本曲の作者、観世小次郎信光は、他にも紅葉狩や羅生門など、ワキが活躍する曲を多く作っている。

土蜘

 病床に伏す源頼光のもとに、侍女の胡蝶が典薬の頭(てんにゃくのかみ)から薬を持ってやってくる。すると僧形の者が現れ、頼光に病状を尋ね、病気で苦しんでいるのも蜘蛛のせいであると言うや千筋の糸を頼光に向かって投げかける。頼光が枕元の膝丸を抜いて応戦するとやがて姿を消した。この物音を聞いて独武者が頼光のもとに馳せ参じ、頼光はことの次第を語って聞かせ、これもこの剣の威徳であるから今日からこれを蜘蛛切と名付けようと言う。独武者は、蜘蛛が去ったあとに血の跡を見つけ、これを頼りに退治に出かける。かくしてその棲み家たる葛城山の古塚に辿り着き、これを崩すと、土蜘の精が現れ、千筋の糸を投げかけてくるが、剣の光にひるんだところを切り伏せ、首を取り、喜び勇んで都へと帰っていった。

経政(他流では経正とも)

 平経政は、幼少の時より仁和寺御室の御所に仕え、守覚法親王の寵愛を受けていた。仁和寺に伝わる青山という琵琶の名器を与えるほどであったが、都を落ちるにあたって、経政は御室の御所に立ち寄り、青山の琵琶を返して行ったのだった。
 仁和寺に仕える僧都(そうづ)行慶が、その青山という琵琶を仏前に置いて管弦講にて弔っていると、経政の霊が現れる。弔いの有り難さと、青山の琵琶の懐かしさに夢幻の姿で現れたと語り、人には見えないながらも琵琶を調べ舞い遊ぶ。しかし、そうしているうちに戦に明け暮れた者のならいで、修羅道の苦しみに襲われ、経政はその姿を見られるのを恥じて、火を消そうと灯火に飛び入ると、そのまま消えてしまった。
 平経政は、清盛の弟経盛の子。修羅道は六道の一つで、戦に明け暮れた者が落ちると考えられていた地獄。

天鼓

 中国・漢の時代に王伯・王母という夫婦がいた。天から鼓が降り下る夢を見て懐胎したので天鼓と名付けると、本当に天から鼓が降ってきた。天鼓がその鼓を打つと美しい音がするので評判となり、それを聞いた帝がその鼓を献上させようとしたが、天鼓がこれを拒んだので、呂水に沈められてしまう。かくして天鼓の鼓は帝に献上されたが、いくら打っても音がしない。そこで王伯を呼び出して打たせてみると美しい音を奏でたので、帝も哀れに思い、呂水のほとりに天鼓を据え供養すると、天鼓の霊が現れ、供養を喜び、天鼓の鼓を打ち、呂水の水に戯れながら舞い遊ぶのであった。

東岸居士

 東国の僧が都へ上り、清水寺を訪ねる。門前の者に尋ねると今東岸居士が面白く説法や舞を見せたりするのが評判になっているという。するとそこに東岸居士が現れ、曲舞を舞い、鞨鼓を打ってみせる。
 東岸居士は自然居士の弟子。ストーリーらしきものはほとんどなく、中之舞、曲舞、鞨鼓と続く芸尽くしが曲の主眼となっている。上演されることの少ない珍しい曲。

道成寺

 紀州道成寺で新しい鐘が作られ、その供養が行われる。そこに白拍子が現れ、女人禁制と止められるが、舞を舞うからと押し切り、舞を舞い、人々が眠った隙に、「この鐘恨めしや」と言って鐘に飛び込み姿を消す。かつて道成寺の近くに一人の女がおり、その家に毎年熊野詣でのため通ってくる男を、父から自分の夫になる人と聞かされていた。あるとき女がその男に、いつになったら妻にしてくれるのかと迫ると、男は驚き、道成寺に助けを求め、鐘の中に姿を隠した。女は蛇となって日高川を泳いで渡り、男が隠れた鐘に巻き付き、尾で鐘を叩くと、鐘は湯のように溶けてしまった。その鐘が再興されるのを妨げようと女の執心が現れたものと思い、鐘に向かって祈ると、鐘の中から女が蛇となって現れるが、やがて祈り伏せられ、日高川へと姿を消す
 屈指の大曲で人気曲。若手の登竜門と呼ばれ、道成寺を舞って初めて一人前とも言われます。道成寺の石段を一段一段上がっていく様子を表す乱拍子の緊張感から、激しい急之舞、そして鐘入りと見せ場が続く。道成寺の鐘は、最初に舞台に運ばれ、天井に吊るされます。能の作り物(舞台セット)は最低限それとわかる程度の簡素な作りのものがほとんどですが、この鐘は特別で、中でシテが着替えられるよう様々な仕掛けもあり、秘事中の秘事となっています。

東北

 旅の僧が都に上り東北院を訪れ、一本の梅の木に目をとめ、人に尋ねると、和泉式部という梅であるという。するとそこに一人の女性が現れ、和泉式部というのは間違いで、好文木、あるいは鴬宿梅と呼ぶのが正しく、和泉式部が軒端の梅と名付けて愛でた梅であると語ると、自分はこの梅の主であると言って姿を消す。僧が夜もすがら梅の木のもとで読経していると、和泉式部の霊が現れ、藤原道長がこの門前を通ったとき車中で法華経を読み上げたのを聞いて「門の外 法の車の音聞けば 我も火宅を出でにけるかな」と詠んだときの話などを語り、和歌の徳を説き、舞を舞って姿を消す。

 その昔、源融が、遠い陸奥の塩竃を都に写そうと作った六条河原院。その後相続して楽しむ人もなく廃墟となっていたが、そこに現れる融の幽霊。月明かりに照らされながらありし日の如く雅に舞い遊びます。

 木曽の山家の僧が、都へ上る途中、粟津が原で一人の女性と出会う。神前で涙を流しているのを見て不審に思って声をかけると、これは木曽義仲を祀った社だと言う。女は僧に今夜はここに留まって経を読むよう頼んで姿を消す。すると巴が甲冑を帯した凛々しい姿で現れ、義仲の最後や、巴の奮戦の様、義仲と別れ、泣く泣く形見の品を抱いて帰る様を見せる。

朝長

 かつて朝長の傳(養育係の男性)であった僧が、朝長を弔おうと青墓の宿の朝長の墓を訪ねる。するとそこへ青墓の宿の長者が侍女と供を連れて現れる。僧は自分が朝長の傳であったことを明かし、青墓の宿の長者に朝長の最期を語って聞かせるよう頼む。長者は、義朝一行が都大崩で敗れ、この青墓の宿へ落ちのび、その夜朝長は雑兵の手にかかって死ぬよりはと南無阿弥陀仏と二度唱えて自ら腹を切り、それを知った義朝や正清が取り付いて涙を流した様を語って聞かせる。僧が観音懺法で弔っていると、朝長の幽霊が現れ、父義朝、兄義平の最期を語り、死後も弔いを続けてくれている長者に感謝を述べ、自らの最期の様を見せ、弔いを頼んで消え失せる。
 朝長は源義朝の次男、頼朝の兄。平治物語では重手を負ったために父義朝に斬られたことになっているが、能では自害した、という風に脚色している。観世元雅の作で、歌舞より語りに重きを於いた能。

錦戸

 源義経は、兄頼朝と不和になり、奥州藤原秀衡のもとに身を寄せていた。しかし、秀衡の没後、その息子、錦戸太郎と泰衡は、父の遺言に背いて頼朝方につき、義経を討とうと決心する。錦戸太郎は弟の泉三郎にも共に義経を討つよう誘うが、泉三郎は、亡父の遺言と、義経への忠節を守って断る。やがて錦戸太郎が軍勢を引き連れて攻めてくるというので、泉三郎は妻に逃げるよう勧めるが、夫の最期を見捨てて逃げることなどできないと言って自害して果てる。かくして軍勢が押し寄せると、泉三郎は大太刀振るって応戦するが、ついに力尽き、腹を切って自害しようとするところを捕らえられる。
 泉三郎の忠節と悲運、またその妻の健気さを描いた斬組物。妻は、義経を守って命を落とした忠臣、佐藤継信忠信の妹とも伝えられる。宮増作。上演されることは稀。

鵺(ぬえ)

 諸国一見の僧が、三熊野へ参る途中、芦屋の里で一夜を明かしていると、空舟(うつおぶね・人を閉じこめ海へ沈める船)に乗って怪しい人影が近付いてくる。僧が何者かと尋ねると、鵺の亡霊であると名乗り、源頼政によって討たれた様を物語ると、また空舟に乗り、恐ろしく凄まじい鵺の声を残して消えてしまう。僧が読経していると、鵺が頭は猿、手足は虎という、聞いていた通りの恐ろしい姿で現れる。鵺の霊は、帝を悩ませ得意になっていたところを頼政に討たれ、それから空舟に押し込められて淀川に流され、芦屋の浮洲に止まって月日も見えない暗闇の中で命を落とした様を見せる。
 平家物語を素材とした世阿弥の代表曲の一つ。

野守(のもり)

 はじめに塚の作り物(能の舞台セット)が出される。
 野守の鬼が住むという塚を表す。次に出羽国羽黒山の山伏が登場し、修行のため葛城山に向かう途中、大和国春日の里についたところであると言って座に着く。そこに野守の老人が現れたので、山伏がそこにある池の水について尋ねると、これは我々のような野守が姿を映すので野守の鏡と言うと答え、また本当の野守の鏡は、昔この野に住んでいたという鬼が持つ鏡で、昼は人となって野を守り、夜は鬼となってこの塚に住んでいたと言われていると語る。また山伏が「はし鷹の野守の鏡得てしがな思ひ思はずよそながら見ん」と詠まれたはし鷹の謂われを尋ねると、昔この野で御狩があったときに鷹を見失い、そこにいた野守の老人に尋ねると、この池水の底にいると言うので不審に思って立ち寄り見てみると、たしかにそこに鷹はいて、それはその上の木に留まっているのが映って見えたものであった。その時に詠まれたものであると語る。山伏が本当の野守の鏡を見てみたいと言うと、老人は野守の鬼とは自分のことであるから見せてあげようと言って塚の中に姿を消す。
 間狂言で別の野守が登場し、野守の鏡について改めて語り、この間にシテは装束を替える。
 塚の中から鏡を持った鬼神が現れ、東西南北、天から地獄まで鏡に映し、これを山伏に与え、大地を踏み破って地獄へと帰っていく。

羽衣

 駿河国三保の松原の漁夫白龍が浦の景色を眺めていると、松に美しい衣がかかっているのを見つける。家宝にしようと思い、持ち帰ろうとすると、天人が現れ、それは天人の羽衣で、人間が持つべきものではないから返すように言う。これを聞いた白龍は、天人の羽衣ならば国の宝にするべきと言って返そうとしない。天人は、羽衣がないと空を飛ぶことができず、天上に帰ることができないと嘆き、空を行く雲や雁を見て天上を懐かしむ。白龍はかわいそうに思い、天人の舞を見せてくれるなら、衣を返しましょうと言う。天人は喜び、羽衣を着て舞を舞い、やがて空高く上がり、霞にまぎれて消えてしまった。
 「盤渉」(ばんしき)の小書き(特殊演出)がつくと、序の舞の笛の音が途中から盤渉調という高い調子になり、型も変わる。舞以外も破の舞が抜けたり型が変わったりする。

半蔀(はしとみ)

 京の北山紫野、雲林院の僧が、一夏安居(いちげあんご・一夏籠っての仏道修行)の終わりに花の供養をしていた。すると、一人の女性が現れて白い花を供えるので、それは何という花かと僧が尋ねると、これは夕顔の花であると答える。そういうあなたはどのような方ですかと尋ねると、この花の陰から現れたのですから名乗らずともおわかりでしょう、五条あたりに住むものですとだけ言い残して花の陰に姿を消す。
 僧が所の者に尋ねると、それはおそらく夕顔の上の霊であろうと言うので、五条あたりに行ってみると、夕顔茂る半蔀を押し上げて夕顔の上が現れ、源氏に見初められた時の様子を物語り、懐かしんで舞を舞う。やがて夜明けが近づくとまた半蔀の中に入り、そのまま夢と消えてしまった。
 後シテは夕顔の上とも、夕顔の花の精とも考えられる。半蔀とは、建物の壁面に用いられた下から突き上げる形で開ける戸のことで、一枚では重過ぎるため上下二枚に分かれており、半蔀と呼ばれる。後半、夕顔の花と瓢箪で装飾された半蔀の作り物(能における舞台装置)が舞台上に出される。「立花」の小書き(特殊演出)では、立花供養の花が舞台上に出され、半蔀の作り物に藁が葺かれた屋根が付けられ、引き廻しと呼ばれる布がかけられ舞台に出される。

鉢木(はちのき)

 諸国をめぐって修行していた僧が、雪が深くなってきたので信濃国から鎌倉へ上ろうと思っていると、上野国佐野で大雪にあってしまう。
 宿を借りようとするが、主人が不在であるというので待つことにする。帰ってきた主人は、あまりに見苦しいところであるからと一度は断るが、妻のとりなしで泊めることにする。
 主人は僧に粟の飯を勧め、お泊めしたはいいが何もおもてなしできないと嘆く。やがて夜も更けて寒さも厳しくなってきたが、焚火をたくものもないので、主人は大事にしていた梅桜松の鉢木(盆栽)を切って焚火をする。僧は感謝して名を尋ねると、主人は佐野源左衛門常世と名乗り、一族に横領されて苦しい生活をしていると嘆くが、このように落ちぶれてはいても、鎌倉に一大事あれば、ちぎれた具足、錆びた長刀、痩せた馬であっても真っ先に馳せ参じるつもりであると語る。やがて僧は名残惜しく思いながらまた旅立っていった。
 さて、鎌倉に諸国の軍勢が集められると、常世も錆びた長刀を持ち、痩せ馬に乗って鎌倉へ上る。するとそこへ、御前に参上せよとの使いが来る。謀反人として首をはねる為であろうか、それもまた力なしと、そのみずぼらしさに指をさして笑われながらも悪びれる様子もなく御前に参上すると、そこにいたのは大雪の日に宿を貸した僧であった。あの時の僧は、出家し最明寺と号して諸国を巡歴していた北条時頼だったのである。時頼は、言葉を違えず馳せ参じたことを喜び、常世の本領佐野の庄を返し与え、鉢木を切って火を焚いた礼として梅桜松にちなみ加賀の梅田、越中の桜井、上野の松枝の三つの庄を与えた。

花筐(はながたみ)

 越前国味真野(あじまの)にいた男大迹辺皇子(おおあとべのおうじ)が、皇位を継ぐため御上洛になる際、御寵愛なさっていた照日(てるひ)の前に、御文と御花筐とを賜る。照日の前は別離を悲しみながらも、皇子の御即位を喜んでいたが、恋い慕う思いから狂女となって都へ上る。継体(けいてい)天皇となられた男大迹辺皇子が紅葉の御幸を遊ばされると、そこに田舎の者と見える狂女が通りかかる。御幸に似合わぬ者と官人がその花筐を打ち落とすと、君の御花筐を打ち落とされたと嘆き、また漢の武帝が、亡き李夫人を恋い慕って悲しむさまを描いた曲舞を舞う。これを見た帝は照日の前とわかり、またもとの通り召し使わそうと仰せ出され、照日の前は喜んで、共に都へ帰って行った。

班女(はんじょ)

 美濃国野上の宿の遊女、花子は、吉田少将と深く契って以来、互いに取り交わした扇ばかり眺めて働かないので、宿の長に追い出されてしまう。
 吉田少将は、この春、東国に下って来たが、もう秋になったので都へと帰る。その途中、また野上の宿に寄り、花子と会おうとするが、宿の長と仲違いして行方知れずになってしまったという。残念に思いながら、行方がわかったら教えるよう言い残して、都は糺(ただす)の森、下鴨神社へと向かう。するとそこに班女と呼ばれる狂女となった花子が現れる。班女は形見の扇を抱きながら愛する人の訪れをひたすら待つ独り寝のさびしさを謡い舞う。吉田少将は、班女が花子であることに気付き、扇をよく見せるように言うと、それはまさしくかつて取り交わした扇で、これこそ愛のしるしよと再び契りを交わすのであった。
 世阿弥の作。班女というのは、漢の武帝の后、班婕(はんしょうよ)のことで、はじめ武帝の寵愛を受けていたが、やがて趙飛燕に寵を奪われ、秋になると捨てられる夏扇に自分をたとえたという故事にちなみ花子は班女と呼ばれるようになったのであるが、これは特に本説(もとになった話)があるわけではなく、世阿弥によるフィクションと考えられる。また、「秋」は「飽き」に通じ、自分は飽きて忘れられてしまったのだろうかと独りさびしく待つ班女の心に重なるので、「秋」「秋風」といった言葉が多用されているのも本曲の特徴である。狂女とは、狂乱状態になった女性のことで、物狂いとも呼ばれる。能には子や夫と生き別れた女性が狂女となり、最後には再会を果たすという曲が数多くあり、狂女物と呼ばれる。

百萬

 大和三吉野に住む男が、奈良西大寺で拾った子供を連れ嵯峨清涼寺の大念仏に参詣する。門前の者に何か面白いものはないかと尋ねると、百万という女物狂がいるという。門前の者が念仏を唱えると、なんと下手な念仏か、私が代わりに音頭をとろうと百万が現れる。百万は念仏を唱え、我が子恋しと狂い舞う。これを見て、子供は百万が自分の母であることに気付き、知らないふりをして尋ねてくれるよう男に頼む。すると百万は、夫に先立たれ、息子とも生き別れてこのように物狂いとなり、いつか我が子に巡り会いたいと思って念仏を唱え祈っているのだと言い、曲舞を舞う。男はさすがに痛わしく思い、この子こそ尋ねている子であると引き合わせると、百万は今まで隠していたことを恨みながらも、巡り会えたことを喜び、都へと帰って行った。
 嵯峨清涼寺の融通大念仏会は当時三月六〜十五日まで十日間にわたって行われ、多くの男女が集まり皆で念仏を唱えていた。百万が持って出てくる持ち笹は、能では物狂いの象徴。観阿弥が演じた古作「嵯峨物狂」を世阿弥が改作したものと考えられている。

藤戸

 佐々木盛綱は藤戸で先陣の功をあげた恩賞に備前の児島を賜った。初めて領地に入った盛綱のところに一人の女がやってきて、何か言いたげに涙を流すので何事かと尋ねると、どうして自分の息子を海に沈めたのかと問うので、最初は知らないと隠し通そうとした盛綱もついに不憫に思い、その時の様子を語る。かつて藤戸の戦のとき、対岸の平家の陣へは船でなければ渡れないように思われたが、盛綱はある男に馬でも渡れる浅瀬があることを聞き出し、そのおかげで先陣の功をあげることができた。盛綱は男がまた他の武将にも教えるのではないかと思い、そのまま殺してしまったのだった。母は悲しみ、わが子を返せと迫り泣き崩れる。盛綱は男の跡を弔い、妻子の面倒も見るからと言って家へと帰す。盛綱が男の菩提を弔っていると、男の霊が現れ、海に沈められたさまを見せ、恨みを述べるが、最後は弔いにより成仏して失せる

船弁慶

 源義経は、見事壇ノ浦に平家を滅ぼすことに成功したが、讒言によって、兄頼朝と不和となってしまう。一先ず都を出て西国へ行こうと、武蔵坊弁慶以下を従えて摂津国大物の浦に着いた。一行の中には、義経の愛妾静もいたが、弁慶は義経に、静かを都に帰すよう忠告する。義経は納得し、弁慶はその由を静に伝える。静は驚き、弁慶を疑うが、義経から直接帰るよう言われ、涙を流して別れを惜しみながら舞を舞う。義経は名残惜しさに船出をためらうが、弁慶に押し切られる。かくして船出すると、俄かに雲行きが怪しくなり、大嵐となる。すると海上に、壇ノ浦で海に沈めた平知盛以下平家一門の怨霊が現れ、義経を沈めんとして襲いかかる。義経は刀を抜いて戦おうとするが、弁慶は、相手は怨霊であり、刀などではかなうまいと、数珠さらさらと押し揉んで、ついに知盛の怨霊を祈り伏せる。

巻絹(まきぎぬ)

 最初に帝の臣下が登場し、帝が不思議な夢を見て、千疋の巻絹を熊野に納めよという宣旨を出されたので、全国から巻絹を集めているが、都からの巻絹がまだ届かないので待っているところであると言って座に着く。次に都からの巻絹を持った男が登場し、熊野に着いてまず音無の天神に詣でると、冬梅の匂いがする。男はその梅に向かって心の中で歌を詠み、願をかけ、それから勅使の元へ参上する。しかし、遅参したことを叱責され、縄をかけられてしまう。するとそこに音無の天神が巫女に乗り移って現れ、その男は昨日私に歌を手向けてくれた者であるからその縄を解くように言う。しかし勅使が信じないので、その者に上の句を詠わせたら、自分が下の句を詠いましょうと言うと、男は「音無にかつ咲き初むる梅の花」と詠み、巫女が「匂はざりせば誰か知るべき」と続けたので男は許され縄を解かれる。巫女は和歌の徳を述べながら舞い、それから祝詞をあげて神楽を舞うが、最後には乗り移っていた神も離れ、元の巫女へと戻り去っていく。
 神が憑く、乗り移るという、能の古態を留める能。巫女の装束は緋大口に白水衣を着、前折烏帽子をかぶる場合と、縫箔を腰巻にし、長絹を着、翁烏帽子をかぶる場合とある。
 五段神楽の小書きがつくと、通常、神楽は「直り」と言って途中から雰囲気が変わり、中之舞という別の舞物の後半部分に移行し、神楽三段、直り二段のコンパクトな形になっているのが、五段全て神楽のフルバージョンの神楽となり、神楽が終わったあと、「直り」の代わりに破之舞という舞が入る。

枕慈童

 中国・魏の文帝に仕える臣下が登場し、酈縣山(てっけんざん)に薬の水が湧き出たので、その調査を命じられてやってきたところであると名乗る。山中を徘徊していると、庵があり、中から童子が姿を現す。臣下が怪しみ名を尋ねると、周の穆王(ぼくおう)に仕えた慈童であるという。周の時代は七百年も昔のことであり、ますます不審に思っていると、帝から賜った枕に法華経の二句の偈(げ)が書かれており、その経文を菊の葉に写して流すと、葉から滴るしずくが不老不死の薬となったという。慈童は楽しげに舞を舞い、帝の恵みに感謝し、また今の帝に霊薬を捧げるのであった。
 曲内では描かれないが、慈童は帝の枕をまたいだことによりこの山に流罪となった。帝は哀れに思い、法華経を書き添えて慈童に送ったのである。

松尾

 脇能と呼ばれる、神を主人公とする曲の一つ。 「翁」の後に演じられたので「翁」の脇ということ で脇能と呼ばれる。前半は老人、あるいは女性がツレの男、女、あるいは姥 を伴って現れ、その寺社の縁起などを語り、自分がその神であることをほのめかして姿を消し、後半、神が本来の姿で現れるというのが定型。「神舞」というとてもテンポの早い舞を舞うタイプの曲と、「舞働」という力強い動きを見せる荒神系の曲がある。「松尾」は松尾の神が老人の姿で男を伴って現れ、後半「神舞」を舞う。類曲の「高砂」や「弓八幡」と比べるとシンプルでコンパクトな作りである。現在、宝生流でのみ演じられる珍しい曲。

松虫

 酒売る市に現れる男、杯を重ねるうち、物語を始めます。阿倍野の松原を歩く二人の男、すると松虫の声が聞こえ、一人がその音色に誘われて行ってしまう。なかなか戻らないので探しに行ってみると、既に息絶えた姿で見つかったのでした。男はその亡霊であると名乗り、供養を受けると再び現れ、秋の野に松(待つ)虫の音が響く中、友を偲んで舞を舞い、茫々たる野を分け姿を消すのでした。

通盛

 阿波の鳴門で、僧が磯辺に出て平家の人々の為に経を読んでいると、老人と女が船に乗ってやってくる。二人は小宰相の局の最後の様を物語ったかと思うと女は海に飛び入り、老人も続いて飛び込む。僧がさらに経を読誦していると、小宰相の局と平通盛の幽霊が現れる。

三山(みつやま)

 京・大原の良忍聖(りょうにんひじり)が融通念仏を広める為に耳成山(みみなしやま)を訪れると、一人の女性が現れる。聖は、三山が万葉集に、香具山(かぐやま・謡では「かくやま」)は男、畝傍山(うねびやま・謡では「うねみやま」)、耳成山は女であるとされていることについて尋ねると、女は、香具山に住む柏手公成(かしわでのきんなり)という男が畝傍山の桜子、耳成山の桂子とそれぞれ契った故であり、男の心はやがて桜子へ移って、桂子は耳成山の池に身を投げてしまったと語る。そして女は名帳(みょうちょう)へいれてほしいと聖に頼み、聖が名を尋ねると、桂子であると語って池の底に姿を消した。聖が桂子の亡き跡を弔っていると、桜子が現れ、桂子の怨念から救って欲しいと頼む。すると桂子が現れ、桜子へ恨みを述べ、うわなり打ちを見せるが、最後は共に弔いを頼んで消え失せる。
 三山というのは奈良の香具山、畝傍山、耳成山のこと。名帳というのは、その名の通り名前の載った帳簿で、融通念仏ではそこに名前を入れてもらうことで成仏できると考えられていた。能は、一人の人物をクローズアップすることが多く、この曲のような場合、後半も桂子一人で登場し、桜子への恨みを述べる方が自然だが、本曲では、後半桜子も登場して、女二人の争いが舞台上で展開される。リアルさを嫌う能に珍しい演出であるが、二人の女性が、それぞれ桜の枝、桂の枝を持ち、太刀の如く打ち合わせたりする様子は華やかである。うわなり打ちとは前妻が後妻を妬んで打つこと。

三輪

 大和国三輪の里に住む玄賓(げんぴん)という僧のもとに、一人の女が仏に供える樒(しきみ)や水を持ってくる。女は僧に、夜は冷えるので衣を一枚欲しいと頼む。僧は衣を与え、住所を尋ねると、「我が庵は 三輪の山本 恋しくは 訪ひ来ませ 杉立てる門」という古歌を詠み、三輪の麓を杉の木を頼りに訪ねるよう言って姿を消す。僧が、言われた通り三輪山を訪ねると、杉の木に女に与えた衣がかかっている。すると三輪の神が女神の姿で現れ、三輪の神話、天岩戸の神話を物語り、神楽を舞って姿を消す。

六浦(むつら)

 都の僧が、東国修行の途中、相模国六浦で称名寺へ詣でると、山々の紅葉が美しい中に、一葉も紅葉していな一本の楓があるので不審に思っていると、一人の女性が現れ、これは昔、藤原為相卿がこの寺を訪れた時、山々の紅葉がまだ紅葉していないのに、この木だけが美しく紅葉していたので、「いかにして この一本に 時雨けん 山に先立つ 庭の紅葉葉」と詠んだ。功成り名遂げて身退くは天の道と思い、この木はそれ以来紅葉することをやめ、常磐木のようになったのだと語り、自分はこの木の精であると言って消え失せる。すると僧の夢に楓の精が現れ、舞を舞い、やがて明け方になると消えてしまった。
 色入にも色無にもなるという珍しい曲。色入・色無というのは、装束に赤が入っているか入っていないかということ。楓の精ということであれば色入、紅葉することをやめた楓ということであれば色無ということになる。色入であれば若い女性の面である節木増、色無であれば年が上の女性の面である曲見、深井などの面をかける。

望月

 信濃国の安田庄司友春は従弟の望月秋長と口論になり討たれ、一家は離散してしまった。家臣の小沢刑部友房は、近江国守山の宿屋の主に身をやつしていたが、そこに偶然友春の妻と子が訪れ、再会を喜ぶ。するとそこに仇の望月も現れる。これは絶好の機会と、友春の妻を盲瞽女(めくらごぜ)に仕立てあげ、酒を持って望月のところへ行く。友春の子は鞨鼓、友房は獅子を舞い、望月の酔いがまわった頃合いを見て押さえつけ、ついに仇討ちを成し遂げる。
 後半、獅子を舞う場面が見せ場。獅子は石橋とこの望月でしか見ることができない。石橋は獅子そのものが舞うが、この望月は獅子舞いで、赤い覆面と金扇で顔を隠した特殊な扮装で演じる。

求塚

 若菜摘む女は、僧の求めに応じて求塚を案内し、昔、菟名日乙女(うないおとめ)という女が、二人の男から愛され、どちらも選ぶことができず生田川に身を投げたことを語る。その墓がこの求塚であり、自分がその霊であると言って姿を消し、やがて塚から菟名日乙女の亡霊が現れる。

紅葉狩

 信濃国戸隠山の山中で、一人の上臈が侍女とともに紅葉狩の宴を催していた。そこに鹿狩りに来ていた平維茂一行が通りかかる。維茂は侍女に名を尋ねるが、たださる御方としか答えないので不審に思いつつも、酒宴の邪魔をしないようにと馬から降り、沓を脱いで、道を変えて通り過ぎようとする。すると上臈は維茂を呼び止め酒を勧める。やがて打ち解けて盃を重ねるうちに、維茂は酒がまわり、上臈が舞を舞っている間に眠ってしまう。それを見届けると、上臈の様子が変わり、あたりは嵐となり上臈たちは山中に姿を消す。眠ってしまった維茂の夢の中に、石清水八幡宮の末社竹内神が現れ、維茂に上臈たちの正体が鬼であることを告げ、太刀を授ける。そして目を覚ました維茂の前に、上臈が鬼の姿となって襲いかかるが、維茂は少しも騒がず、八幡大菩薩を心に念じ、授かった太刀を抜いて立ち向かい、これを打ち平らげる。

山姥(やまんば)

 山姥の山廻りを曲舞に作って謡ったことで有名になった百万山姥という遊女が善光寺へ参ろうとする途中、俄に日が暮れ困っていると、一人の女が現れ、お宿をお貸ししましょうと自分の庵へ招く。女は、山姥の曲舞を所望し、また自分が山姥であることを明かし、月が出る頃に本当の姿をお見せしましょうと言って消え失せる。やがて山姥はその姿を現し、山姥の曲舞を舞い、山廻りの様を見せたかと思うとそのまま姿も見えなくなってしまった。
 世阿弥作。山姥は山に住む鬼女で、山廻りする(山を駆けめぐる)ものと考えられていた。本曲においては、鬼性はあまり見られず、佛教に通じ、人をも助ける山の女として描かれている。

遊行柳

 遊行上人が、上総国から奥州へ向かおうとしていたところ、白河の関を越えたところで道が分かれていた。広い道を行こうとすると、一人の老人が呼び止める。前にここを訪れた遊行上人も通った道であるからと古い道を教え、また朽木の柳と呼ばれる名木へと案内し、西行が「道のべに清水流るる柳蔭しばしとてこそ立ちとまりつれ」と詠んだ柳であると語り、上人から十念を授かると朽木の柳の陰に消えた。上人は柳の精とさとり、念仏をしていると、柳のもとから柳の精が姿を現し、非情の草木までも成仏できたことを喜び、柳に縁ある故事を語り、報謝の舞を舞って消えうせる。

熊野(ゆや)

 遠江国池田の宿の長の熊野は、平宗盛の寵愛を受け、都に留められていた。そこに池田の宿から朝顔が文を携えてやってくる。母の病状が芳しくないことを知った熊野は、その文を持って宗盛のもとへ行き、故郷へ帰らせてほしいと訴える。しかし宗盛はこの春だけでも一緒にいたいと言って聞き入れず、熊野の心を慰めようと花見に出かける。熊野は母親のことが気にかかり浮かない気持ちであったが、花見の供をし、舞を舞う。ちょうどそこに村雨が降って花を散らすと、それを見た熊野は母のことを思い、「いかにせん 都の春も惜しけれど なれし東の花や散るらん」と詠んで短冊にしたため宗盛に見せる。さすがに宗盛も哀れに思い、ついに故郷へ帰ることを許したのだった。

楊貴妃

 中国・唐の時代、玄宗皇帝は楊貴妃を寵愛していたが、政治をおろそかにしたため反乱が起き、楊貴妃は殺されてしまう。玄宗皇帝はこれを悲しみ、方士に楊貴妃の魂を探してきてほしいと頼む。命を受けた方士が蓬莱宮を訪れ、所の者に楊貴妃の魂のありかを尋ねると、楊貴妃かどうかわからないが、昔が恋しいと毎日嘆いている者がいるというので訪ねてみると、そこにいたのはまさしく楊貴妃であった。方士は玄宗皇帝の嘆き一方ならぬことを伝え、何か形見の物を賜りたいと申し出ると、楊貴妃は釵(かんざし)を与えるが、これと同じものは世の中にありましょうから、人知れず二人で語った秘密の愛の言葉があったら教えていただきたいと頼む。すると楊貴妃は七夕の夜、「天にあらば願はくは 比翼の鳥とならん 地にあらば願はくは 連理の枝とならん」と誓った言葉を伝えると、霓裳羽衣(げいしょううい)の曲を舞ってみせ、玄宗皇帝と過ごした日々を恋しく思いながら、都へ帰る方士を見送るのであった。
 楊貴妃はその美しさ故か仙界の出身であると考えられており、仙術を使う方士を従えていた。蓬莱宮も海の彼方にあると考えられていた仙界である。ある時、玄宗皇帝が月宮を見てみたいと言うので、方士は月に橋をかけ、玄宗と楊貴妃を案内する。玄宗はそこで見た舞を気に入ったので、これを下界にうつし、楊貴妃が舞い、玄宗が笛を吹いた。これが霓裳羽衣の曲である。比翼の鳥とは、二羽の鳥の一方ずつの翼が繋がり、互いの翼を動かすことで二つの胴体が空を飛ぶ鳥、連理の枝というのは二本の幹を持つ木の枝が繋がったもので、共に一心同体で、互いに支え合わないといけないことから、二人の深い愛のたとえとして用いられている。楊貴妃は美女としてだけではなく、国を混乱させた悪女としても知られるが、本曲では、白楽天の「長恨歌」を背景に楊貴妃と玄宗皇帝の愛の深さが美しく描かれている。

夜討曽我

 曽我兄弟は親の敵である工藤祐経を討つ決心をし、家来の団三郎、鬼王に故郷の母に形見を持たせて帰させようとする。団三郎、鬼王は、自分たちも一緒に戦うと言い、 しかしそれは御意に背くことであり、それならばいっそのこと、ここで刺し違えて死のうと言うのを、弟・五郎が止め、お前たちが死んでしまったら誰が母に知らせるのかと諭し、二人は形見を持って故郷へと帰っていく。やがて夜討をかけ、兄・十郎は討ち死にし、五郎も奮戦するが、五郎丸らに捕らえられてしまう。

養老

 美濃国、本巣の郡に霊泉が湧き出たので勅使が遣わされる。勅使が養老の滝へ着くと、木こりの親子に出会う。宣旨を伝え、養老の滝の謂われを尋ねると、老人は、この子があるとき山路の疲れにこの水を飲んだところ、心もさわやかになり、疲れも取れたのでこれを持ち帰って自分も飲んだところ、老いを忘れ、元気が出てきた。老いを養うということで養老と言うのだと語る。老人は岩間の泉の水を汲んで勅使に捧げ、勅使も喜んで帰ろうとするところに、この山を守る山神が現れ、薬の水の奇瑞をたたえ、聖代を寿ぎ舞を舞う。

吉野静

 義経関係の曲は多く、義経人気の高さが窺われる。 本曲は義経が兄・頼朝と不仲になり、吉野山を逃れる時の話。吉野山の衆徒が心変わりしたので、義経一行は逃れることになり、忠信は都道者を装い衆徒の詮議に紛れ込み、義経一行は少数なりとも精兵揃いとひるませ、静は法楽の舞を舞って時間稼ぎをし、無事義経一行は吉野から逃れる。実際に忠信が吉野の衆徒との切り組みを見せる「忠信」という曲もある。古い謡本には忠信 と静が衆徒の動きを察知し、どうするか策略を練る前半部分が存在するが、現在は省略され後半のみ演じられる。愛する義経のために舞う白拍子・静御前の舞が見どころ。

頼政

 僧が宇治の里を訪れると、1人の老人に声をかけられる。老人は、ところの名所を教え、平等院へ案内する。僧が、扇の形に芝が刈り残してあるのを不審に思い尋ねると、これは扇の芝と言って、その昔源頼政がここで扇を敷いて自害したのであると教え、実は自分は頼政の霊であると明かして姿を消す。やがて頼政の霊がありし日の姿で現れ、宇治川の合戦の様子を物語る。
 おごれる平家を相手に以仁王をかつぎ挙兵したものの、宇治川の合戦に敗れた源頼政を主人公とした能。頼政の霊は宇治川の合戦当時の姿で現れるので老体である。老武者が登場する能は頼政のほかに実盛がある。

弱法師(よろぼうし)

 高安通俊は人の讒言を信じて息子の俊徳丸を追い出してしまう。不憫に思い天王寺で施行をしていると、そこに現れたのは盲目となり弱法師と呼ばれるようになっていた息子・俊徳丸であった。

来殿(らいでん)

 比叡山延暦寺の座主、法性坊の僧正が仁王会を執り行っていると、僧正がかつて師として親のごとく養った菅原道真の亡霊が現れる(菅公孤児伝説)。道真は、生前自分を冷遇した公家たちを蹴殺そうと思うが、そのとき僧正が内裏に召されても参内しないように懇願する。しかし、二度までは拒むが3度目は拒めないというと、道真は怒り、本尊の供物の柘榴を噛み砕いて妻戸に吐きかけるとたちまち火炎となって燃え上がった。僧正は鎫字(ばんじ)の印を結び、道真の霊は煙の中に姿を消した。やがて色香妙なる音楽と共に、道真が天満天神となって現れる。
 もともと「雷電」という名で、後半は雷神となった道真が内裏に現れるという話だったが、1852(嘉永5)年、加賀藩主前田斉泰が前田家の祖神である道真の950年忌に上演するにあたり宝生友干が改めた。その為、前半と後半のつながりが不自然になってしまっている。宝生流以外は「雷電」のみを演じる。宝生流でも近年現宗家宝生和英が「雷電」を復曲上演している。

籠太鼓(ろうだいこ)

 九州・松浦何某(まつらのなにがし)は、家来の関清次(せきのせいじ)が他郷の者を口論の末殺してしまったので牢に入れるが、逃げ出してしまう。清次の妻を呼び出してどこへ逃げたか問いただすが答えないので、妻を代わりに牢に入れることにする。すると、妻は夫恋しさに物狂いとなり、牢にかけられた時を知らせる鼓を打って興じ、夫の行方はわからないが、その面影残るこの牢こそ夫の形見であると言って涙を流すので、松浦何某も哀れに思い、夫婦ともに許すこととする。妻は喜び、大宰府に知人がいるのでそこへ逃げたのではないかと明かす。
 子供や、夫恋しさに狂乱し物狂いとなる能は多く「狂女物」と呼ばれるが、この曲は夫の行方を知りながらそれを隠し、狂乱のふりをする点に特色がある。狂言方が演じる牢の番人の滑稽さも見どころの一つ。

蔦玄会 佐野玄宜のトップページへ戻る